9月13日(月) 集中講義『情報教育システム開発研究』
一日目
・教育の情報化
 Information Communication Technology
 ミレニアム・プロジェクト
・教育に関する情報
 Information about Education
 情報化社会に対応する教育
・教育工学
 Educational Technology(not Equal Engeneering)


60年代の教育工学
・視聴覚教育
・プログラム学習

「システム」の定義 
・二つ以上の要素から成り立っている
・各要素は互いに定められた機能を果たす
・全体として目的を持っていなければならない
・単に状態として存在するだけではなく、時間的な流れを持っている


要素・各要素の機能・システムの目的・時間的な流れ

「システム思考」
・欠陥を指摘(問題を抽出する)し、既存の知識等を用いて問題を解決するシステムを構築する

「教育システム」
・教育情報(教育目標、教育内容、教育方法など)に関するシステムを対象とし、
・構成要素のしくみとからみを分析し、
・よりよいシステムを作り上げる(開発する)


→今の授業研究が、教育システムを考える場となっている(目標に合致するものをどのように作るのか)


様々なシステムの「鑑賞」
・システムの背後にはどのような問題意識があるか
・実装のために
・実際に使えるか、使えないかが問題でないケースもある
 ・先端技術を教育の応用する
 ・「モデル化」に意義がある

CAIシステム

授業・・・・・教授-学習過程

教育目標・内容→教師(1)情報処理→(2)情報提示→生徒(3)情報需要→(4)情報処理→(5)反応→教師(6)診断→(7)評価→生徒(8)KR情報


個別化と個性化
「教育の個性化」と「教育の個別化」に象徴される。個別化とは生徒個人の特性を重視した教育であり、個性化とは個の良さを伸ばす教育である。則ち「生涯学習」と相通ずる理念とも受け取れる。
http://llac.cool.ne.jp/recallent/recallent02.htm


行動主義的学習論
ATI
適性処遇交互作用
Cronbach,1957


学力の定義→トートロジー

(特にFrame Orientedな)CAIシステム研究の成果とは何か?
A4 1枚
[PR]
by viewtleaf | 2004-09-13 13:24
<< ナイトライダー シーズン1 コ... Customizable KN... >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧