2004年10月27日(水) 総合演習のカリキュラムを考える
 今日の午後から、総合学習コースのM1の方とともに、学部授業「総合演習」の今後の予定について話し合った。




 DチームとKチームの2チームにわけているので、それぞれの予定を分けて考えたらどうか、と提案をした。
 いろいろ話し合ったが、なかなかうまく考えがまとまらない。そんなときに、M2の方から適切なアドバイスをいただいた。
 「話を聞いていると、君たちは「総合演習」のカリキュラム開発をしているようだね。「総合演習」の目的は、学部生に総合的な学習の時間を体験させることだよね。その中で、デジカメやビデオの使い方を学び、プレゼンやプロモーションビデオを作成するんだよね。そして、総合学習カリキュラム実践論では、校内研修の啓発ビデオを作成するんだよね。そのビデオを撮影するのは学部生なんだよね。・・・・・」※注:思い出しながら書いているので、実際とは異なります。
 我々は、「総合演習」を受講した学部生が、自ら主体的に活動できるようにカリキュラムをプログラムしなければならない。最初はこちらがうまく先導し、徐々に学部生たちに主導権を握ってもらえるようにプログラムしなければならない。
 現在のところ、学部生全員が昨日の環境フォーラム2004を見て「よかった」と思っているわけではないことを耳にした。院生の中にも、好意的に受け取っていない人もいたようだ。そのような状況で、我々は、学部生が「協同的に問題解決できる能力」が育つようにプログラムしなければならない。そうでないと、よいプレゼンも、よいプロモーションビデオもできないであろう。


 とりあえず、29日の国際シンポジウムに全員が参加するので、それが終了したら残ってもらい、11月5日からの予定(W.S.をするということ等)を伝えることにした。ビデオ撮影班は、それまでに一度集合してもらい、ビデオ撮影についてのレクチャー(見本も見せられれば・・・)をすることにした。
 昨日のフォーラムを見てよかったと思う人、思わなかった人両方にフォローできるようなメールを出し、今後につなげるようにすることも確認した。
 

 その後、M2の方とまたまた長いこと話をした。

 サッカーの指導を通して学んだことを教えていただいた。
・一流の選手を育てたい、一流のコーチを育てたい、一流の審判を育てたい、そして一流のサッカー好きを育てたい。これらの4つを念頭に指導をしたという話。やるからには一流を目指せ!
・様々なタイプのコーチとともに子どもを指導し、学んだこと。
・そして、(ほとんど)ゼロからのチームを作ったこと。そのために大事なのは指導の質を高める等の条件整備が大事であること。
・選手には深くて広い経験をさせてあげたい。そのためには絶えず努力することが大切であること。
・勉強をしたいから勉強をするのではない。生きるために勉強するのだ、ということ。

 いつもいつも、修論の邪魔ばかりしているようで、すみません。この場を借りて謝ります。でも、また話を聞きたいです。
[PR]
by viewtleaf | 2004-10-28 00:43 | 総合関係
<< 2004年10月28日(木) ゼミ 2004年10月27日(水)  >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧