2004年10月29日(金) 日英総合セミナー
 今日は、日英総合セミナーに参加しました。



おまけ:顎関節症の真実!バイップレート治療の薦め・・・
あなたの顎がどのような状態なのか無料でチェックしてくれるようです。時間があったらやってみようかな。




 私の仕事は、ビデオ撮影。DVDCAMを初めて使いました。
a0014712_237094.jpg
a0014712_2371096.jpg
a0014712_2371739.jpg

 午前、午後の途中までは順調に撮影できました。しかし、6枚目のDVD-RAMに入ったとたん、全く撮影できないようになりました。謎のエラーメッセージが出るのです。
追記:どうやら部屋の環境が影響しているようです(結露等)。
 結局、以降は撮影できませんでした。別の人が撮ったものをいただけるようお願いしました。

 今回のセミナーでは、なかなか自分の仕事を見つけることができませんでした。考えてみれば、チームワークが必要な仕事は昔から苦手でした。相談せず、一人でやってしまおうと考えることが多かったように思います。そういう意味では、この講座にいれば、チームワークを要する仕事がたくさんあるので、自分の(数多くある)弱点(の一つ)を改善することができるのでは、と思いました。

 「気が利かない」のが私。気がついても、体が自然と動かない。他の人がしているのを見て、自分も手伝おう、と思っても、気恥ずかしくて結局手伝わない。なんともなさけない性格。誰かが「性格は変わらない」と言っていた。でも、障害児教育の先生がおっしゃった「人間には可塑性がある」という言葉を私は信じる。

 とりあえず、初めて先生から(ちょっとした)仕事を頼まれ、嬉しかった私でした。

 セミナーが終了したら、総合演習のことで学部生を集めてのミーティング。準備不足で、うまくいきませんでした。。)


 今回のセミナーでは、校長先生がリーダーシップを発揮して教職員を育てることで学校を改善していこう、という話が多かったと思います。それに対し、学校改善コースの院生が、「sの校長先生が替わっても、普遍性を持った学校でいられるのか?」という疑問をぶつけていました。その方は、現在の学校システムでは不可能である、学校のシステムを変える以外にない、との考えを持っており、その研究をしているとのことでした。どうやら、その院生の派遣先の学校は、その院生の考えたシステムで動いているとのこと。成功事例があるので、自信を持っているようでした。しかし、別の院生は、「その学校は、校長が新しいシステムに理解があるからできたこと。ほかの学校でできるのか?」との疑問を抱いていました。

 この学校には、すごい人がたくさんいるんだなぁ、とも思った一日でした。
[PR]
by viewtleaf | 2004-10-30 10:46 | 研究会等
<< 2004年10月30日(土) ... 2004年10月28日(木) ... >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧