打ち合わせ
 同じ研究室のM2の方から、いままでの取り組みについての説明を受けた。

 かなり詳しい内容での説明だったので、どのような流れで修論を仕上げていくのかがよくわかった。簡単に言うと、実際に学校でこんなものがあったらいいな、というモデルを提案し、ソースを公開し、学校を対象としている企業に、「こんなものを作ってください」というPRをする、という感じかな。これをするプロセス自体が、修論を作成するものの学びになっている。

 
[PR]
by viewtleaf | 2004-11-24 16:47 | 修論
<< アフィン変換 教師のためのIT活用セミナー >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧