イブライン・ロウ初等学校でのWebでの授業参観<理科>
今日もイブライン・ロウ初等学校のWebカメラによる授業参観です。結局、レポートを書くことに!小レポートが論文に掲載されるかも!



a0014712_18413311.jpg

◎日本で言うと1年生。1時間は90分。
・全員が出席するのを待つ
・「今日はちょっとうるさいわよ。」
○Register(出欠)
・出席をとる
・授業の最初に算数の問題を出す(生活に直結した、生きた算数)
・今日の教室で、昨日と変わったことはどこ?昨日までになかったものがあるよ。
・そう、日本からのお友達が見るための機械がおいてあるのよ。
・だから、いいところを見せるために、がんばってお勉強しましょうね。
・ストレッチ「片手を早く、反対をゆっくりとまわして」「足と手をいっしょに」
a0014712_18415012.jpg

○Discus(20min.) energy+electicity - What objects use ?(どんなものに電気やエネルギーが使われていますか?)
・昨日、科学博物館に行ってきたよね(アポロ13号の話)
・給食を食べた子はすぐ疲れないけど、食べなかった子はすぐ疲れちゃうよね。
・ものを動かすにはどのくらいのエネルギーを使うのか。
○Sue group - record a circuit - make / draw(電気回路を作る/描くことで記録)
・・・今回はしていないが、前回、豆電球で星形を作ったりZ形を作ったりしたらしい。これは、クリスマスツリーの電飾につながっていく。
○Wanda - preparing scene to use motors paddles(パタパタするもの。表に鳥かご、裏に鳥、回転すると同じ絵に見える)- make.
・・・自分でするのも、電気でするのも同じエネルギーなんだということを知る
a0014712_1842781.jpg

○Red group - Testing your energy.
・・・朝ご飯をどれだけ食べたかと、ケンケンをしたり、体を動かすことを何回できるのかを調べる
○Orange group(Special Education:SEN) - jigsaws of the world(geography(地理))
・・・世界地図のジグソーパズル
○Yellow group - drawing objects which use electricity
・・・電気製品を絵を描いて名前も書き、ポートフォリオにする

最後にみんなが学んだことを発表

☆すべてが日常生活にうまくつながっているように考えられている。

<<質問>>
Q1 二つのグループ以外は指示がなかったが大丈夫なのか?
A1 二つのグループ以外は、自分たちでできるようなワークシートを作って、事前に説明しているので問題ない。indipendent(自立)を目指している。
Q2 ノートはとらないのか?
A2 ノートをとるのは大事ではない、というのではないが、私は、自分たちで学べるようなスキルを学んでほしいと思っていて、「やりながら学ぶ」ことを重視している。そのため、ノートをとることをしていない。
Q3 ワンダさんにとって「子ども」とは何か?
A3 子どもの定義づけ・・・知的好奇心に満ちた小さな人間。おかしくて、Funnyで、世の中のことを知りたいと思っている。生まれもって親切で、他の人に対して手をさしのべることができ、学ぶ力を持っている。彼らに必要なことは、学べる環境を提供することだと思っている。
(デューイの思想:社会的好奇心・・・)
Q4 ノートをとらないことの保護者への説明責任について
A4 ノートがなくても、学校での学びの資料はすべて持ち帰っている。
※補足説明:(日本では通知簿があり、子どもたちの「評価のための評価」をしなければならないが、イギリスではSATsがあるので、イギリスでは、年に数回保護者面談のようなものがあり、そこで、子どもがどの程度まで到達したか(SATsのLevel○に到達したとか)、や、学校で取り組んだ大量のポートフォリオを見せたりしている。通知簿のようなものもあるらしいが、日本の通知簿とは異なる。学校によっては、低学年から日本のような通知簿があるらしいが(実際に見せていただきました)、イブライン・ロウでは不明。SATsは毎年受けるものではなく、また、個人の評価を知るものでもない。SATsはあくまで学校の評価をするためのものである。)

Q5 イギリスの家庭ではどんな教育が行われているのか?日本では、家庭の教育力低下が問題となってきていて、学校で指導することが増えてきている。例えば、・・・・と聞きたかったけれど、終わっちゃった・・・・・

・おまけ
creed(クリード):信念・信条 ※ご指摘ありがとうございます、Y先生。

特別支援教育に関する国際比較
特別支援教育を推進するための制度の在り方について(中間報告)(案)
[PR]
by viewtleaf | 2004-11-30 18:12 | イギリスの学校
<< 工業化教育論・・・ひずみゲージ... 11月29日(月) 障害児心理学演習 >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧