研究室の先生と
 今日の1時間目の講義は、ゼミの先生であった。2時間目は原付解体の講義であったが、あまりの寒さのため、2月24日(木)の午後から半日かけて行うことに決定。今日より寒くなったらどうしよう・・・

 2時間目がなくなったので、研究室に行き、M2の方に修論のことについて話を聞く。修論の発表の日(2月12日(土):教育用端末室)に、ポスターセッションを行うらしい。ということは、・・・・・げぇ、あと一ヶ月しかないじゃん。まだテーマも決定してない。

 その後、少し雑談し、先生のところへ。



 最初は、昨年末に付属中へ行き、いろいろ質問させていただいたのだが、質問内容に不適切な部分があったので、その点について謝罪(付属の先生にはまた直接お会いしたときに謝罪予定)。その後は校内ネットワークの在り方についての先生のお考えを聞くことができた。

 まず、「現在の校内ネットワークには問題がある」との認識に立って、「ではどのようなネットワークがふさわしいか」を研究室では提案し続けてきていること。
 それは、実際には運用されることがないかもしれない。しかし、その蓄積してきたソースを一般に公開し、企業方に、「学校ではこのようなシステムがひつようとされているんだよ」とアピールをし続けていること。

 LinuxというOSがある。ネットワークには今や当たり前のようにルータが使われているが、昔はルータは非常に高価であり、スーパーコンピュータがその役割を行っていた。そのOSに使われていたのがLinuxだったそうである。もともとWindowsはネットワーク用に作られてはいなかった。そのため開発されたのがWindowsNTであったと思うが。そのLinuxを教育現場でも運用してみようとする動きも出始めている。Linux。やはり勉強しなければならないのか・・・squidも。
 
 もし、現在導入されているような校内ネットワークに問題があると証明できたとする。そのとき、どのような校内ネットワークがふさわしいと言えるのか。そのヒントとして、最近新聞をにぎわせた(らしい)日立のとった行動にあるのではないか。聞いたところによると、「日立では、全社員にパソコンを使わせません」と宣言したということである(ソースがわからないので、知っている人教えてください。新聞には載っていたようです)。じゃぁ、どうやって仕事をするの?と思うでしょう。それは、端末を使うのです。つまり、アプリケーション等はサーバに置き、サーバにあるソフトを端末で使う、ということである。シンクライアントを使う、ということ(多分)(ちなみに、マイクロソフトでも商品化されているらしいが、高価なのであまり売れていないらしい)。シンクライアントを学校に導入している例はたくさんある(リンク)。なぜ、シンクライアントなのか。それは、多数のメリットがあるからである(サーバの管理が悪ければ意味はないが、サーバさえしっかりと管理しておけば安心である)。シスアド(のような仕事の)経験者なら、現状のネットワークへの不満はいくらでも思いつくのではないか。聞けば、サーバさえ何とかすれば、今のパソコンからハードディスクを抜くだけでもシンクライアントシステムになるようである。
 シンクライアント以外にも、様々な方策はあるらしい。もっともっと勉強しなければ(当然、ネットワーク構築に関する知識等、基本的な知識・技能を身につけることが先決ではあるが。というか、それすら知らない・できない状態でいることが問題か)。
 ソフトに関しても、(今のところ個人的には学習用統合ソフトの導入がいいと思ってはいるが)、もっと考える必要があるように感じた。

 最近は、「校内ネットワークはすべてWindowsにし、ソフトは地域で同じソフトを導入」というのがベターではないかと思うようになっていた。しかし、まだそう結論づけるのは早いな、と先生との話し合いの中で思った。人と同じことをしていては修論にはならない。何とか独自性を持たせられるようになりたい、と思った。


参考リンク


オープンネットガード


memo
・グローバルネットワークをプライベートネットワークにするにはどうすればいいか


追記:その後、M2の方からお話ししていただいたこと
・世の中には、コンピュータネットワーク以外にもたくさんのネットワークがある。水道、電気、・・・
・利権の強者・弱者(例えば水)
・社会が学問たりえるのか?
・文化人類学 文化があって、人類がある
・パンツをはいた猿(栗本慎一郎)
・人間をどんな存在で見るか?(動物の中の人間、動物としての人間)
・「人間には問題がある」のが問題となるのか
(「校内ネットワークには問題がある」のが問題となるのか)
[PR]
by viewtleaf | 2005-01-12 02:38 | 修論
<< 壊れた脳 生存する知 Microsoft® Wind... >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧