文化間教育実践演習
☆沖縄へ行った感想紹介
・印象・・・親が子どもの教育に熱心・・・子どもは18歳には離れるので、それまでに自立させなければならない。西表島では15歳で。
子どもと別れるために子どもを教育する。
・子どもを育てることの大変さ(親、教育・・・)

☆今日の話題
・なぜ沖縄を取り上げるか
・相対化
・境界主義(歴史上、文脈・・・・)・・・誰が境界を考えるのか、なぜ引いたのか
・人権教育、友達関係、・・・・
・線を引っ張る、ということを考えるための題材として、沖縄を選んでいる
◎ウチナーンチュ(沖縄人)大会
他者があって初めて自分を意識する
世界中のどこへ行ってもウチナーンチュがいる。ウチナーンチュネットワークが出来ている。
第1回 1990年8月

◎国境を越えられるもの
・キリスト教の十字架
・コーラン

http://world-reader.ne.jp/time-slip/m-maeda041118.html
僻地のことが載っている
[PR]
by viewtleaf | 2005-01-25 22:28 | 異文化間教育
<< 悩み・苦痛・反省 電気工学の講義 >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧