オブジェクト指向を勉強しよう その1
 ロボットを動かせればいい、というだけではなさけないので、きちんとJAVAについて勉強をしていきたいと思う。どこまで続くかわからないけど、まぁ、やらないよりはマシ?やらないほうがマシ?



参考文献:Java 謎+落とし穴 徹底解明;前橋和弥 著;技術評論社;2002


◎モジュール・・・ある機能を持つプログラムの固まり

○supplement:ラクダ式命名規則
 「drawLine」、「colorCode」(グローバルな関数)等、
・先頭は小文字
・単語の切れ目を大文字で表現する
ことを、『camel case』という。「変数名」や「メソッド名(クラスに付属する関数)」に適用することになっている。
※クラス名は大文字で始めるので、それと区別するためと言われている。

◎クラスの宣言
・「class Direction」・・・Directionというクラス(class)の宣言。C言語の構造体のようなもの
・「public int xxxxx;」「private int yyyyy;」・・・フィールド(field:そのクラスのオブジェクト(インスタンス)が抱えるデータのこと)の宣言
・「public void onHitRobot(HitRobotEvent e) {」・・・メソッド(method:そのクラスに付随する手続き-関数のようなもの)の宣言 
・「public void run() {」・・・Javaで言うmainメソッド。クラスごとにmain()[run()]メソッドを書くことができる。鉄とドライバを書くのに便利。
・「Radardirection radardirection = new Radardirection();」・・・newで新しいRadardirectionのインスタンス(instance)を生成し、「そのインスタンスを指し示すもの」を入手している。

◎クラス(class)とインスタンス(instance)
 オブジェクト指向において・・・
・プログラム・・・データ型の集合体
・クラス・・・データ型のこと
・インスタンス・・・データ型の実体のこと
例:タイヤキを考える
・タイヤキの型→クラス
・タイヤキの実体→インスタンス(=オブジェクト)
つまり、
1.クラスはオブジェクトの型
2.クラスがひとつあれば、そのクラスのオブジェクト(インスタンス)をいくつも作れる
ということになる。





class Direction{
int flag;
public Direction(){
this.flag=1;
}

public int getDir(){
return this.flag;
}

public void flip(){
this.

class radarDirection extends Direction{//Directionの継承
int counter;
public Radardirection(){
this.flag=1;
this.counter=0;
}
//getDirection
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-01 14:19 | JAVAプログラミング
<< ネットワークポリシーを考え,各... すんごい雪! >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧