『気づきを促す』ことの難しさ
 同じことを言っていても、受け取り側は同じように受け取るとは限らない。

 同じことを言っているつもりでも、言い回しによって違うように受け取られることもある。

 同じことを言うにしても、直接的に言ってしまうと反発を生み、良い結果にならないこともある。

 ビデオやプレゼンを見て、これでは『思い』が相手には伝わらない、と感じても、直接『伝わらないよ』と言っても、「信頼関係」がうまく気づけていないと逆効果である。
 「すばらしいよ」とほめ、そこから少しずつ「ここはもっとよくなるかもしれないね」と言って『気づき』を促す方法もある、と、後になって気づいた。
 結果的には、M2の方のフォローもあって『気づきを促す』ことはできた(今考えると、皆気づいていたけれど、直接的な言葉で批判めいたことを言えなかっただけなのだろうと思う)。

 今回のことは、客観的に見てどうだったのか。
 「正直言って、何も感じなかった」「これだと、自己満足だけだと思う」
 この発言は、作り手に反発を生んだ。言っていることは間違っていないと確信はしていた。が、だからといってどうすればいいのかうまくアドバイスはできなかった。
 「そのプレゼンだと、どのチームの人が言ってもあてはまってしまうと思うんだよね」
と、M2の方からのフォローがあり、糸口がつかめた。『そうだ、言葉遣いだ。文章的には、とてもいいんだけれど、それをそのまま話しても相手には伝わらないかもしれないんだ!』
 誰もがM2の発言に納得し、「自分の言葉探し」が始まった。
   ・
   ・
   ・

 「言い方」「伝え方」「相手意識」。自分の未熟さを痛感する一日だった。
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-04 05:30 | Diary
<< 障害児教育課程論演習 画像に電子すかしを入れる >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧