障害児教育課程論演習
言語療法士とは
言語療法士(ST)の現状を簡単に
美幌小 ことばの教室
ことばの教室ではどんな指導をするんですか?
言葉の教室 セラピストHP


 この中で、興味深い記事を発見。
LDの症状を神経心理学的に検証する(2003.5.22更新)
 『漢字の読みとひらがなの読みでは、脳神経回路が違う』と書かれている。
普通、文字を読むときは、右後頭葉の視覚野で文字の形態を把握し、その情報は左角回を通して、聴覚野に送られ、そこで文字の読みが引き出され、意味がわかる。
 つまり「音韻読み」と呼ばれる。

 と書かれている。漢字は象形文字なので、使う脳神経回路が違うということだ。

 このことにより、『文字を書くこと』と『文字を(パソコン等に)入力すること』とは同じことになるのか、と考えることには意味がある、ととらえられると思う。
 パソコンで文字入力するとき、どの脳神経回路を使うのだろう?
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-04 05:35 | 特別支援
<< 流体力学、進まないよー 『気づきを促す』ことの難しさ >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧