流体力学、進まないよー
 今日は先週よりも厳しい。もうすぐAM6時だ。
 「おとついの学び」は非常に大きかった。『総合的学習で学べること』を実体験できたのだから。『何が起こるか分からない』という実感、『考え、問題を解決する』ことができたこと、みんなで一つの作品を作り上げていくことを実感できたこと・・・・。そして、システムの危うさについても学んだ。今回はたまたまうまくいった。しかし、うまくいったからこのように『学び』があったと思えるのである。取り返しが付かなかった場合、どうなっていたのか。『責任感』というものが重くのしかかる。
 「昨日の学び」も非常に大きかったと思う(それについては、すでに書いた)。

 





◎レイノルズ数(Re数、Reynolds' number)・・・慣性力と(粘性によって生じる)摩擦力の比(無次元量)。イギリスの物理学者・技術者オズボーン・レイノルズ(Osbrne=Reynodls)が定義した。
Re=(U×L)/ν

(Re:レイノルズ数、U:代表速度、L:代表長さ、ν:流体の動粘性率)

◎Cd値とCl値について
○Cd値・・・物体の流れに対する抵抗係数のこと。この値が大きいほど物体は流れに対して大きな抵抗を生じる。
○Cl値・・・物体の流れに対する揚力係数。この値が大きいほど物体は流れに対して大きな揚力(y方向の力:流れに垂直な方向)を生ずる。
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-04 05:54 | Diary
<< ターニングポイント~総合演習発表会~ 障害児教育課程論演習 >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧