ターニングポイント~総合演習発表会~
 今日は総合演習の発表日。やるだけのことはやった。発表までの時間、自分の講義やゼミのことだけを考えることができた。

 いよいよ発表の時間。学部生の表情を見ると、皆おだやかな、いい顔をしていた。思い残すことはない、やり遂げた、といったような、達成感。見ていて、そう感じた。

 一組目、二組目と発表が終わり、いよいよ三組目。自分が発表するわけでもないのに、妙に緊張する。一緒にかかわった他のM1の方々も同じ気持ちのようだ。

 いよいよ発表が始まった。「こんにちはー!」
 うまい、と思った。うまく注意を発表に向けた。まずは昨日苦労したメイキングチームの発表。前半のプレゼン部分では、チームが結成されてから発表当日までの軌跡が、流れるように表現されていた。冗長さを徹底的に省いた、見る人にわかりやすいプレゼンであったと思う。

 そのあと、学部生が体験した研修PRビデオの映像が映し出される。本当にドキドキである。

 まずはDチーム。思ったよりも音が割れている。もう少しボリュームを下げるべきだったか。そしてKチーム。両チームとも、先週の作品に比べて格段に良くなった。

 最後に、メイキングチームの4人が、全員の『思い』を胸に、全員の気持ちを代弁する素晴らしい発表を行った。一人ひとりが、自分の言葉で。言葉に詰まる。『思い』があふれる。『思い』が伝わってくる。

 
 発表終了後、一旦全員が集まり、「振り返りカード」に『思い』を記入する。たくさんの学びがあったのだろう。みな一様に時間をかけて、じっくりと記入していた。

 
 



 PM7時頃から、打ち上げが行われた。

 私は、まだ悩んでいた。『よくがんばったね』とか、『お疲れ様』といった声かけが自然にできない。また悪い癖が出る。学部生の中に飛び込めない。バリアをはってしまっているような感覚。のどまで出かかっているが、やはり出ない。なぜだろう。がんばったと本心から思えていないのだろうか。

 しかし、打ち上げの中、ある学部生がこちらに来て、自分の本心をさらけ出して、一生懸命語ってくれた。今まで真剣に取り組むことができなかったという思いと、反省。
 なぜか、今まで悩んでいたことが一気にはれた。全員が一つになれたような気がした。悩みが解決したわけではない。悩みよりも大きな「熱い『思い』」を感じることで、自分のちっぽけな悩みなど吹き飛んでしまった、といった感じである。

 「あぁ、これが『総合』か」

 今、ようやく気づくことが出来たような気がする。一人でも欠けたら、この日の発表はなかった。そう思える。総合演習にかかわることができて、本当に良かった、と心から思う。今日のこの『思い』は、一生忘れることはないだろう。

 この経験は、決して一人ではできなかった。昨年までの取り組みを振り返れば、あまり積極的に関われていなかったな、と思う部分がある。この感動を味わうことが出来たのは、Eさん、Sさんの力によるところが大きい。校内研修計画の細かい部分の立案、ホテルやバスの準備等、私が最も苦手とする部分ではほぼ全く何もしていない。実際に「役に立てたかな」と思えるようになったのは、1月に入ってからである。これからは、もっと全体を見据えて取り組んでいけるようになりたいと思う。Eさん、Mさん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。これからもよろしく。
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-04 23:59 | 総合関係
<< Linuxによるルータの構築 流体力学、進まないよー >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧