ATMのシステムがダウン?
 今日は一日、銀行等でつぶれた。主に使っている銀行口座のお金が底をつきたので、財形等を取り崩さなければならなくなったからである。それでも、夕方までには大学へ戻る予定だった。にもかかわらず、結局今もまだ戻れていない。
 ある銀行で、今日はATMのシステムが動かなくなっていたようだ。そのため、口座番号を調べたり等の作業ができなかった。それで、この銀行で、一日の大部分を過ごすことになった。

 なぜこのような事態になったのかを考えてみた。今日は月曜日で、給料日であるところも多いから、一気に取引が集中し、回線がパンクしたのか?それとも、ウイルスや外部からの攻撃によりなんらかのトラブルが起こったのか?ネットワークが麻痺すると、多数の顧客が影響するのは、どの職でも同じである。このようなトラブルが起こったとき、どうするか。銀行で待っているとき、隣に座っている人が銀行員にクレームを言っていた。
 「なぜ、今ATMでトラブルが起こっていることを全体に伝えないのか?今来た人は、トラブルが起こっているとは知らず、並んで待っているではないか!」
 すると、銀行員の少し偉い人らしい人がでてきて、クレームを言ってきた人に謝罪に来た。するとまた怒りだし、
 「だから、私に謝るのではなくて、みんなに状況が分かるように説明したらどうだ、と言っているのだ!」
 こう言うと、銀行員は、
 「だからこうやって一人ひとりに状況を説明に回っているのです」
 クレーマーは、
 「そうではなくて、なぜ全体に伝えられないんだ!(大声を出すのが)恥ずかしいのか?」
 銀行員は、
 「いえ、そういうわけではありません。・・・・」
といった具合である。

 この問答を聞いていて、銀行のサービスはまだまだなんだな、と思った。確かに、お客さんが来たら、「いらっしゃいませ」とか、「長らくお待たせしました」とか、「おありがとうございました、またお越しください」とか、非常に丁寧に対応していることは分かる。しかし、言葉は「ことば」であり、「からだ」でもあるのだ。謝罪にしても、「申し訳ございません」と言葉で話しても相手には伝わらない。「ことば」と「からだ」で伝えなければ伝わらない。今はそう思える。はたして、自分自身はできているのか・・・・
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-21 19:03 | Diary
<< 中学校の技術科で利用できそうな... 本当の意味でのバリアフリー >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧