中学校の技術で使えそうな無料の画像処理ソフト
 今日は、「中学校の技術で使えそうな無料の画像処理ソフト」について、各自プレゼン合戦を行った。以下、そのあらまし。

◎Yくん
・学習指導要領から見る
・写真の加工が重要→明るさやコントラストの調整が最も重要ではないか?
例1:Paint
例2:PictBear   
○I先生
・How toになっているのではないか?やり方を教えること、これも重要ではあるが。
・明るさを変えるときに数値にどのような意味があるのか?
・教育は何年先のことを考えるのか?生きている間ではないのか?何が重要であるのか?本質は何か?

◎I君
・付属小での体験から。低学年は画像を用いることが高学年に比べて多い。
→簡単に加工できることが必要
・生活科「お店のポスターを作ろう!」・・・写真が暗かったりする→難しい操作が難しい!
例1:ezfilter・・・ボタン一つで加工ができる  マトリックスは、1~9までの数字で画像を作っている

2次元バーコード作成ソフトがある
○I先生
・中学校の技術科
・デジタルカメラの出番は小学校の方が多いのではないか→百聞は一見にしかず
参考:色彩の基礎知識

産業技術
不良チェックをするため

まず紙で製図する
何をコンピュータでするか?

3次元の物は実際に見せた方がいいのでは?

◎みっふぃ
・プレゼンの流れ
1.図形処理ソフトの種類を紹介
2.ペイント系とドロー系との違いは?
3.画像処理ソフトの利用場面を考える
4.図形処理ソフトをいくつか紹介
(1)ペイント系 JTrim 
(2)ドロー系  DynamicDraw
(3)3D    Pro/DESKTOP
○I先生
・画像処理ソフトと図形処理ソフトとは違うぞ
・(1)は基本的な画像処理ソフト、(2)はちょっと・・・・、(3)については、製図はまず手で書くべき。数学の図形にしても、三次元の物は実物を用意した方がいいのではないか。
・フリーソフトをあれこれ使うよりも、OpenOfficeでいいのではないか?Drawソフトも強力なものがあるし、文書作成などにも連動している。
・中学校卒業後に働く子どももいるから、OpenOfficeを使ってれば即役立つ(これについては、ほとんどが高校へ行く中、そのような生徒への適切は支援は・・・といった内容の話になって終了した)

◎Kくん
Picture Retex Ver1.0
<これはなかなか面白い!FFTもでき、グラフ化できる。画像を三次元的に動かせるのもいい>
○I先生
・キャプチャ画像を動画に出来るのが面白かった。あれはどうやったの?
→ディスプレイキャプチャー用ビデオ
劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ


○まとめ
・技術科らしい授業をしてほしい(「総合的学習で○○するからXXを教えて欲しい」と言われても、「はいはい」と答えるようではダメだ)

・・・・といった感じの最終講義でした。
 「終わった・・・」といった充実感の残る講義でした。これが大学(院)の講義としてのあるべき一つの姿かもしれない。
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-24 14:37 | 画像処理
<< なんかすごいことなっていますね 13歳のハローワーク >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧