Linuxでファイアウォールを作ろうその3 ネットに接続できない!
先日来、組み立てパソコンがネット接続できなかったのが解決できたので報告(というほどのことでもないけど)。
最初は、アプリケーションーシステムツールーインターネット接続ウィザードでなんとかならないたと思っていたけれど、これはやめた。

まず、ネットワーク設定で状態を確認。すると、最初はすべて休止中であった。ハードウェアタブをクリックして、NICの型番を確認すると・・・
a0014712_12265053.jpg
ん?nVIDIA?そうか!これがチップセットのポートだ!てっきりeth0がチップセットだと思っていた!eth0はIntelのNICだ!これで、ネットワークケーブルをつなぎ直し、eth0のデバイスの起動をして、無事起動。なんてしょうもないミス。
a0014712_12245320.jpg


今日の格言。
『思い込みは厳禁』


で、今後の予定を考えてみる。

現在はNICを2枚挿している。あとでeth0をnVIDIAに変更するとして、NICからサブネットを2系統作りたい(表現がおかしかたら教えてくださいね)。そのためにはこのパソコンにDNSサーバをインストールしなければならない。自動でIPを割りふるにはDHCPサーバもいる。そして、最も重要なiptableの設定。initrdもすることになっている。

GAPO
IT技術情報>システム/サーバ構築




◯インストールされているドライバーの確認
# more modprobe.conf
alias eth0 e100
alias eth1 3c59x
alias eth2 forcedeth

◯起動時の設定の変更
# emacs -nw inittab

#
# inittab This file describes how the INIT process should set up
# the system in a certain run-level.
#
# Author: Miquel van Smoorenburg,
# Modified for RHS Linux by Marc Ewing and Donnie Barnes
#

# Default runlevel. The runlevels used by RHS are:
# 0 - halt (Do NOT set initdefault to this)
# 1 - Single user mode
# 2 - Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking)
# 3 - Full multiuser mode
# 4 - unused
# 5 - X11
# 6 - reboot (Do NOT set initdefault to this)
#
id:3:initdefault:

※この場合はコマンドラインで起動する。
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-01 11:15 | Linux
<< エンジンを分解することの楽しさ 夜回り先生・水谷修 >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧