腕の振りと助走とのタイミング
 昨日、またまたボーリングへ行った。レポート地獄を乗り越え、直後の出張のあとだったので、やめようかな、と思いながら、「2ゲーム目タダ券」の誘惑には勝てず・・・・

 1ゲーム目は、フォースが出て、ひさびさに200UPか、と思ったのですが、10フレでコケタ・・・
 2ゲーム目に入ると、腕に痛みが!古傷が痛み出したか・・・1ゲーム目によけいな力が入っていたんだろう。それが影響してか、5フレまではぼろぼろ。しかし、6フレから持ち直す。
 3ゲーム目あたりから、昔取った杵柄、というか、フックをかけるコツをからだが思い出したようだ。しかし、やはりまだ腕の振りと助走とがうまく一致しない。腕を気持ちよく振りきれていない。しかし、3フレの後半から、うまく力が抜けてきた。いい感じ。しかし、7ピンが倒せない。今日の鬼門だな(ちなみに私は左利きなので、一番難しいところではある)。
 4ゲーム目もいい感じ。6フレまではノーミス。よし、ひさびさのノーミスゲーム、と思いながら7フレへ。1・3・9ピンが残る。右利きであれば何でもないが、左利きにとっては厳しい残り。1ピンにうまく当てないと、少し左だと1ピンだけになるし、右に行っても9ピンが残る。どう攻めるか悩み、結局右に立って1・3ピンの間を狙った(右利きと同じポイント)。これが失敗だった。わずかに1ピンの右へ。ここで緊張がとぎれた。7,8,9フレとミスを繰り返し、10フレへ。最後くらいは、と気合いを入れた投球は、なんとかスペア。ふぅ。

 K君と一緒にボーリングをしたんだけど、なかなかうまくアドバイスが出来なかった。最初は、「ボールの持ち方がおかしい」とか言っていたんだけど、「本にはこう書いてあった」とか言われる。4歩助走を基本にしてアドバイスをしているんだけど、2歩目からがスローペースで、ボールを『持って』投げている。振り子になっていない。ボールが軽いからできるんだろうな。1歩助走からすべきかな、と思い、一度投げてもらったんだけど、やはり練習するには人の目も気になるか。どこかいい練習場所はないかなぁ。
 でも、最後まあまぁ気持ちよく投げられるようになったようで、よかった・・かな?多分、次回には忘れているだろうけど。
 
 帰り際、自分がどのようにボーリングスコアが伸びてきたのかを話した。
 最初は100~130前後を行ったり来たりで、たまに180とかが出るくらいで、あるとき、『何か』に気づいたのか、アベが160くらいになった。何でもそうかもしれないが、上達するときはある日突然起こるんじゃないだろうか。階段のような感じ。坂道でなく。ある日突然1段上がれるようになる。ボーリングの場合は『からだ』が覚えるんではないだろうか。『からだ』はストライクが出る投げ方を覚えている。投げた瞬間『いった!』と思えればほとんどストライクになる(レーンコンディションによってだめなこともあるが)。
 結局、『急がば回れ』?



a0014712_2241239.jpg

[PR]
by viewtleaf | 2005-02-27 22:14 | Bowling
<< Microsoft Word 『想い』を伝えようとすること、... >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧