ブログ、ツイッター、フェイスブック
 ブログ、ツイッター、フェイスブック・・・・・・匿名から実名へ・・・・・

 これまでは、日記というものは、ノートに書くものであった。パソコンが発達してくることで、パソコンのワープロソフトなどを使って日記をつけることもあったろう。しかし、現在は、ネットにつながるのが前提のブログ、ツイッター、実名が基本のフェイスブックで日記やメモを残していける。

 ここまでインターネットが普通になると、ちょっと考えてしまう。ブログ、ツイッター、フェイスブック、そしていわゆる「日記」とのすみわけを。

 




 ブログは、ネット上への記事を誰でも簡単にあげられるものへと変えた。自分自身も、自身の体験したことや考えたこと、思ったことをどんどん入力していった。それに対する反応も楽しめた。やんわりと、「つながっている感」があった。
 ブログがあるから、過去を気軽に振り返れるようになったようにも感じる。記事を見返すと、「こんなことやったっけ?」「こんなこと書いたっけ?」というものも存在する。これは、記事を「残した」結果である。

 その後、海外から、ツイッター、フェイスブックが輸入?された。

 ツイッターは、「つぶやき」程度のものを発信するものである。一方、フェイスブックは実名を「売り」とし、リアルな付き合いをネット上でもできるようにすることで、より「つながっている感」が増したように感じる。

 ここで、ふと考えた。ブログ、ツイッター、フェイスブックのすみわけは、どうするのがいいのかな、と。別に考える必要もないと考える人もいるとは思うが、私は考えてしまった。

 この記事の最初に書いたが、匿名が当たり前であったものが、実名を売りにするフェイスブックの登場により、これまで以上に書く内容を考える必要が出てきたと思うからである。
 誰かがツイッターでつぶやいていた。「フェイスブックでは、当たり障りのないことしか言えない」と。確かに、フェイスブックを見ていて、違和感を感じることがある。別に過激に書けたほうがいいと言っているわけではない。変に相手に気を使いすぎてしまうことで、気持ちのこもっていないコメントになってしまっているのではないか、と思うのである。

 当然、リアルに出会い、リアルでしか話せ内容もあるだろうし、リアルでも「話したらあかんやろ」という内容もあろう。本当に裏表のない人であれば、ただ本音をフェイスブックに記していけばいいのではあるが。

 ここで、「匿名」と「実名」について少し考えたい。
 
 今の時代、匿名であったとしても、今の技術力であれば、ほぼ実名にたどり着けるだろうから、完全な匿名ではないのかもしれないが、ツイッターやブログを実名でしている人は少ないと思う。これもツイッターで誰かがつぶやいていたのであるが、「実名でツイッターをしているのはフリーで仕事をしている人や芸能人」が多いように思う。


 少し、見方を変えてみる。
 これまで、「発信する側」として考えてみたが、「受信する側」として考えてみたい。

 ブログ、ツイッター、フェイスブック、それぞれ、必要な情報を得るという意味でも、非常に意味のあるものである。ただ、「必要な情報を得る」目的以外にも、「個人情報を得る」目的で閲覧している人の存在を無視はできないように思う。安全にブログなどを活用するための能力、いわゆる「情報リテラシー」が必要である。ここにあるページが、このあたりのことについて書かれているので参照されたい。


 長々と書いてしまったが、よーするに、何をネット上に残すべきか考えたいな、と思ったのであった。

 
[PR]
by viewtleaf | 2013-01-14 14:50 | Diary
<< 英語の勉強 ピアノ。 >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31