久しぶりの大学
 五日間にも及び、しかも兵庫→京都→広島→鳥取という長距離の移動も含めた出張というものは生まれて初めてであった(四日連続ホテルというのも)。非常に濃い五日間であった。



 兵庫では、素晴らしい授業実践、まさに子どもが変容する瞬間を目の当たりにすることができた。
 京都では、以前から一度お会いしたいと思っていた先生にお会いすることができた。
 広島では、以前講演を聴いたことのある先生にお会いし、サインしていただくことができた。a0014712_213957.jpg
 鳥取では、兵庫での授業実践を撮影したものをビデオ編集し、6分にまとめることができた。また、授業研を立案するのに立ち会うことができた。

 この五日間で、「本物」に出会うことの大切さを再認識することができた。また、中学校の「総合的な学習」の現状を知ることもできた。そして、様々な人と出会うことのすばらしさを感じることができた。様々な人との出逢いを通して、様々なことを学んでいる自分を感じることができるのはなんと幸せなことだろう。充実した五日間であった。

 タイトルの内容にくるまで長くなってしまった。。。

 というわけで、久しぶりの大学。いきなり最初の講義が「ピアノ演奏法」。指の体操だけでも、とバイエルを持参しての出張であったが、まったく見る暇なし。本の表紙すら一瞬しか見ることができなかった。少しはやく大学へ行き、少しだけピアノの練習をした。すると、今までよりなめらかにピアノを弾くことができた。感動。。。。。身体はピアノを忘れていなかったんだな、と実感。バイエルもついに50番まで到達。試験は、『50,51,52番を暗譜して、多くの人前という緊張する場所でも弾けるようになること』ということになった。今週の日曜日から、今度は6日間の出張(東北方面!)なので、ピアノの練習ができなくなるので、なかなか練習できないが、できるときに集中すればよいと先生からアドバイスをいただき、土曜日までにできるだけ練習をしておこうと決めた。

 お昼休みは、たまっている事務手続きをしに、市役所やら郵便局やら忙しく行ってきた。

 午後からはゼミ。WindowsからリモートでLinuxを操作し、「なぜWindows上からはmoodleを操作できないのか」を調べたが、結局、インストールしなおすしかない、ということになった。root権限など、管理者としての自覚をしっかりと持たなくてはいけないと痛感した。
 そのあと、先生に、来週の出張で行うワークショップについて相談をした。昨年度その研修に関わった方の代わりのような感じで、自分にとっても成長する機会になるかな、と引き受けたが、責任の重さに押しつぶされそうである。しかし、先生からの的確なアドバイスのおかげで、重視すべき点が見え、見通しを持つことができて良かった。

 5時間目は声楽の講義であったが、さすがに休みなしで疲れたのか、集中できなかった・・・来週はまるまる一週間講義が抜け、ピアノ、声楽、音楽劇等、大丈夫だろうか、と心配ではあるが、この困難を乗り越えることでまた成長できるかな、とも思っている。

 まぁ、それよりも、まず目の前の困難、30日までにしなければならない仕事や来週の出張計画(宿泊先や行き方、WSの内容とか)、鳴門セミナーの準備等を片付けないと・・・・・
[PR]
by viewtleaf | 2005-06-28 23:42 | Diary
<< またまた大失敗 ネットができないホテル >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧