鳴門セミナー2005夏を終えて
 昨年度、初めて鳴門セミナーに参加し、今回、スタッフとして参加することができた。2日目は別の研修と重なり、参加はできなかったが、それでも自分にとって非常に大きな学びの場となった。
a0014712_14165033.jpg

 昨年度発表された方の発表はさらにグレードアップし、「ここまで手だてをうっているのか!」と衝撃をうけた。今回は私も発表する側になったわけだが、正直言って場違いな内容に恥ずかしくなる思いであった。ただ、プレゼンなんでも鑑定団という、遊びの部分のある場であったことがせめてもの救いか。

 自分の考えとしては、今回の鳴門セミナーで、修論の方向付けを決定するつもりであったが、うまくまとめられず、ああいう形の発表になってしまった・・・・・・

 



 校内研修疑似体験WSでは、私は「学習環境」班担当であった。自分でWSを考え、実施するのはほぼ初めてだった。
a0014712_1420677.jpg

 が、人数が4人と少なかったので、リラックスした気分でWSができた(リラックスしすぎていたきらいはあるなぁ。反省・・・)。
 写真を見れば分かるように、4人までパソコンの画面が移せるプロジェクターを使って見た。なかなか面白いなぁ、と思った。ただ、ドライバをインストールしなければならないのは痛いなぁ。ある機種だと不安定になったし・・・・

 今回、WSのコーディネータ兼ファシリテータをしたことが、次の日の校内研修に生きた。

 懇親会では、主に私の発表について、つまり修論として成り立つかどうかを相談することができた。やはり、厳しいなぁ。

 3次会では、OBの方と一緒にネギ焼きを食べに行った。おいしかった。

 2日目は、和歌山で校内研修のファシリテータをすることになっていたので、朝3:30(!)のフェリーで帰った。校内研修終了後、すぐに徳島へ。ジャストシステムに到着した頃、ちょうどセミナーが終了したところだった。今後のセミナー運営について話し合われたが、結論は出ず。後片付けをし、大学へ。

 大学では、今回のセミナーの反省会を、昨年度修了生を交えて行った。今回は平日開催のためか人数が少なかった分、内容の濃いセミナーだったようで、アンケートを見る限りでは満足度は高かったようである。しかし、軒並み発表予定時間を超えてしまい、ゆっくり企業ブースを見ることができなかったという感想も見られた。

 最後にOBのN氏、N氏(みんなN氏だな)と一緒にうどんを食べに行った。なんだか、ひさしぶりに「ほっ」とした二日間だった。
[PR]
by viewtleaf | 2005-08-21 14:32 | 研究会等
<< 演劇教育名古屋夏季大学へ参加しました 特別な支援を要する子ども理解WS >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧