ブログについて考える
 大学院に来てから1年半、このブログを書いてきた。
 途中、トラブルもあった。考えさせることもあった。
 そして今、修論も大詰めをむかえようとしている。ということで、ブログについて考えてみることにした。



ブログを書いていて、いろいろな人のブログを見ていて思ったこと
・「カテゴリ」をあらかじめ考えておくことが大事・・・最初から考えておかないと、私みたいにどんどんカテゴリが増え、結果的にはほとんど使わなくなってくる。
・ブログに書く内容をある程度決めておく・・・日記なら日記、あるジャンルについて発信する目的ならそれで。
・毎日書くこと・・・最近は滞り気味だが、実際は滞っているときこそ色々考えている。なぜ書かないかというと、忙しいから、というよりも、書く内容かどうかを判断しかねている。結局、書く内容を決めずに、何でも書いているから書けない。
・ブログも立派なホームページ・・・カウンセリングとコーチングのHPなんかは好例。仕事と日常が結びつき、読ませる内容の日記である。
・トラックバックの有効性は、未だよくわかっていない・・・これについては、勉強しないと。
・どうせ書くなら、手元に残したいよね
[PR]
by viewtleaf | 2005-10-25 20:06 | Software
<< 阪神、負けちゃいましたね 子を見て親は育つ >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧