受雷針
 授業中、ひょんなことから台風の話になった。台風には名前があることをしってたかい?と。で、台風14号(そのときは何号か忘れていたが)がヤギという名前であることを、星座の名前から取っていることを説明したが「嘘だろ~」となかなか信じない。「もし嘘なら腕立て1000回!」とかなんとか話してその話題は終了した。

 次の日、ある生徒から「ヤギだったよ」と声をかけられた。「おぉ。調べたんだ、えらい~」


 今回の出来事は、まず最初に、元アナウンサーの高梨敬一郎さんのお話から始まる。ある研修の中で講演を聞く機会があったのだが、その中で、「一日一話」という話があった。毎日子どもに1分でもいいから話をしてあげなさい、というのである。それで、毎日の通勤中、ラジオで情報収集するようになり、その中で台風の話が出た、というわけ。

 授業の内容とは全く関係ないんだけどね。




 後日の話。授業中、避雷針の話になり、ある生徒が「「避雷針」は雷をよけるためにあるのではないの?」と発言。私が「雷を通すためだよ」と言うと、別の生徒が、「そうだよ、雷を通すんだよ~」と。そのときは何とも思わなかったのであるが、今日、ふと思いだし、避雷針について調べてみた。ウィキペディアによると、避雷針は、「建築物を落雷から保護する仕組み」とある。そして、アメリカ合衆国の物理学者、ベンジャミン・フランクリンの言葉として「雷雲に含まれる電気的な流体を取り除くことによって、落雷を避ける」ものを避雷針である、と書かれている。つまり、建築物を雷から守るため、避雷針に雷を通し、その結果雷を避けることができる、ということになる。次回、もう一度説明しないと、と思ったのであった。

 で、タイトルの内容にはいる。避雷針について調べていると、「受雷針」という言葉がひっかかった。最初は「冗談」かな、と思っていたが、よく見るとどうやら本当に存在するようである。ここがその受雷針を開発・販売している会社のようである。簡単に説明すると、従来の避雷針では雷を吸収できない場合があり、逆に災害を引き起こす可能性があるらしい。そこで、避雷針の先端部分を改良し、安全性を高めた。それを「受雷針」と呼んでいるようだ。
 「へぇ」
と思ったので。
[PR]
by viewtleaf | 2006-09-30 19:10 | Diary
<< 時間の感覚 落花生 >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧