封入用樹脂によるキーホルダーの製作
 今日は、技術・家庭科 技術分野の研修で、封入用樹脂によるキーホルダー製作の研修会に参加しました。透明のプラスチックの中に、自分のお気に入りの小物を入れたキーホルダーを作れます!以前から一度やってみたかったのですが、このたびついに体験できることに。製作の流れは以下の通り。
a0014712_20471546.jpg

1.使用した封入用樹脂。硬化剤を原液の1%程度入れると硬化が始まります。
2.容器(アルミで作成)に樹脂を流し込んでいる所。予め有る程度流し込んで固めておけば、小物が下に沈みません。
3.1日程度置くと完全に固まります。固まったら容器を外します。外したら自分の好きな形に削ります。最初はベルトサンダーで大まかな形を作ります。
4.ベルトサンダーで削った後。角を丸めました。表面は傷だらけ・・・その後は、紙ヤスリで面をキレイにしていきます。
5.240番→600番(耐水)→1200番(耐水)と目を細かくしていきます。どの当たりまで削ったら次の番手に行くのかというと・・・・
6.6図の赤い○のような傷が見えなくなるように削っていきます。
7.1200番まで行けば、かなり透明に近づきます。最後の仕上げは、研磨材で磨きます。今回はピカールを使用しました。本来はウエスで磨くのですが、ない場合はティッシュペーパーでも代用できます。
8.ピカールで磨いたら、ここまでキレイにできました。写真は2mmのドリルでキーホルダー用の穴をあけたところです。
9.完成写真。白熱灯で照らし、ちょっと商品っぽくしてみました。

 キーホルダー製作を通して、ノキーホルダー作りのウハウはもちろん(例えば、容器にはレンジの下敷き用のアルミを使うといいよ、とか)、かっこよく写真を撮る方法を教えていただいたり、技術室の学習環境について教えていただいたりと、非常に充実した時間を過ごすことができました。今回のために準備してくださいったキーホルダー作りのマニュアルのデータまでいただきました。本日は本当にありがとうございました。私も今度、何かネタを提供できたらな、と思っています。
[PR]
by viewtleaf | 2007-07-03 20:47 | 研究会等
<< ITCE3級 整骨院で電気をかける >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧