カテゴリ:修論( 31 )
今日からが本番
 今日起きて,一番に感じたのが「開放感」。締め切りに拘束されずに勉強できるということの,なんと幸せなことか。まぁ,修士論文発表会が終わったからといって,することは何も変わらないのだが。私がテーマとした研究は,これからも,ずっと続いていく。そう思っている。

 本日,フツウに講義を受け,とあるプロジェクト会議に参加。4月にまたいつものメンバーに会えるんだな。4月からは,今日のようには会議はできない。でも,今のIT技術をもってすれば,それに近いことをできる。あくまで「近い」だけであり,永遠に同じレベルにはならないように思うが(脳に強制的に電流を流せばできるようになるのかな?)。

 会議後,一緒にかかしで食事。あぁ,もうすぐ気軽に食べに来れなくなるんだ(;x;)。
[PR]
by viewtleaf | 2006-02-14 02:04 | 修論
本日,修士論文発表会でした
 昨日からプレゼン修正,朝7時までになんとか・・・・(エウレカあるもんね)と思っていたのですが,完成せず,結局発表3分前まで修正・追加していました。発表開始し,いきなりトラブル(数ページなぜか非表示なっていたのが原因でした)で数分を無駄にしましたが,なんとか冷静に対処し,無事発表を修了しました。
a0014712_23294713.jpg

審査も無事終了!先生と少し話しをしてから,久しぶりにラーメンを食べに行きました。○福というところでした。水を飲んだときに,少し不安になりましたが,味はまぁまぁ。
a0014712_23293646.jpg

[PR]
by viewtleaf | 2006-02-12 23:31 | 修論
受理書
「学位論文一編(正本1部,副本2部)及び論文要旨3部受理しました。平成18年1月20日」


15時35分,修士論文提出,受理していただきました。

私のゼミは二名ですが,なんとか二人とも受理していただけ,ほっとしています。最も大きな「ほっ」をしているのは,ゼミの先生でしょう。

私は今回の修論で,何人もの方に相談をしに行きました。たくさんの大学の先生方にも相談にうかがいました。鳴門セミナーなどでは,「修論大丈夫なのか?」と本気で心配されるほどでした。忘年会の時にも相談しましたが,驚くほどできていなくて
,これが修論になるの?と思われたことでしょう。

なぜ,ここまでできなかったのか。それを知ることこそが私自身,弱点を克服する第一歩なのです。

何はともあれ,提出できました。多くの皆さん,お世話になりました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
[PR]
by viewtleaf | 2006-01-20 17:35 | 修論
修論締切りまであと7日
 いよいよ修論締切りまで一週間となった。今週火曜日から,毎日修論の指導を受けている。少しずつではあるが,進んでいる感じがする。火曜,水曜あたりはほとんど進まなかった感じがするが,水曜深夜から木曜日にかけてあたりから少しずつ進みだし,木曜は少しはかどったような気がする。

 修論は,私が大学院で学んできたことを振り返り,学んできたことの価値付けや関連づけ・意味づけをさせてくれている。つい最近まで,修論が書けない,と悩んでいたのに,少しずつすすんでいくにしたがって,今まで学んできたことと修論とが関連づけられ,価値づけられていく。昨年度の総合演習への関わりが今の修論の源泉になっているな,という実感。学んだことを文章にしたり,プレゼンにしたり,ただデジカメで写真を撮っただけでも過去に戻ることが出来やすくなる。過去の学びを呼び起こすきっかけになる。記憶力が落ちた(もともとあまりないのだが)と強く感じる今日この頃,学びを関連づけるきっかけ作りが大切だな,と思った。

あっ,そうだ
[PR]
by viewtleaf | 2006-01-13 01:11 | 修論
ゴールデンタイム
 今日も,一日パソコンの前に座ってはいたのだが,朝から今までほとんど集中できなかった。環境の問題(いやぁ,ついついテレビを見てしまうんだよね・・・)もあるとは思うが,今,この時間,自分にとって頭が最も働いている時間,「ゴールデンタイム」が来ているように思う。どうもタイムマネジメントに失敗している感じ・・・・

 明日から講義が始まる。今週は全て講義は休んで修論一本やり,といきたいところではあるが(というか,もうほとんどの人は終わっている?),学部の講義は出席重視なところがあるので(免許の関係で必要なのです),出ないと・・・・それも1時間目・・・うぅむ。
[PR]
by viewtleaf | 2006-01-10 01:43 | 修論
大学院で学んだことの価値付け・意味づけ
 先日,昨年度修了生の方とお会いし,実践発表を聞く機会があった。大学院で学んだこと,修論の内容等を実践に活かしていることがよくわかる,素晴らしい発表ばかりであった。

More
[PR]
by viewtleaf | 2005-12-28 23:43 | 修論
時間の経つのは早いですね
時計を見るともうPM9時!

少しずつ,進んでいるようにも思いますが,もしかすると後退しているかも,と思ったりもします。

他の方の話を聞いていると,100ページ書いたとか,200ページくらいかな,とか・・・・私は・・・・20ページくらい書いているようで,実質は10ページだろうか・・・・引用もあるし,まだまだ赤が入るだろうし。

でも,とある先生から,「仕事しながら,子どもの世話もしながら,論文を書く人もいる。ある人は,正月休みの1週間くらいで仕上げた」というお話を聞き,すこし元気が出ました。ただ,その方は,実践をつまれていたから,つまり論文の材料があったから,論文を完成できたんだろうな,と思う。私はどうだろうか。たくさん材料があると思ってはいるけれど,実際に自分自身が主体となって行動したことはどれほどあるだろうか・・・・
[PR]
by viewtleaf | 2005-12-20 21:19 | 修論
修論やってて頭の中が
 こんな感じ。
a0014712_23482971.jpg

 「修論の書き方」なんて,人の数だけあるかもしれないけれど,残り一ヶ月でやっと章立てができつつある私のような方はどのくらいいるのでしょうか。

 そうそう,特別支援教育を推進するための制度の在り方について(答申)が出ましたね。修論にも(多少)関係があるので,今一生懸命読んでいるところです。昨年12月の中間報告や平成15年3月の協力者会議最終報告等でこれからどうなっていくのかはある程度わかっていたので,課の名称変更や各学校への特別支援教育コーディネータの設置などすこしずつ変わっていっていますが,「個別の教育支援計画」や「特別支援学校(学校)」,「特別支援学級(仮称)」,そして免許制度の見直し(特別支援学校教諭免許状(仮称))など,一気に動きが加速される・・・・でしょう,多分。

 しかし,ほんと,自分で文章を創るって,ホントに難しいですね。今まで私は何をやってきたのでしょうか。こんなに言葉一つ一つの意味を考えた事って今までなかったなぁ。ホントに非常に貴重な,とっても大事な時間を過ごしているなぁ,と思います。


参考リンク:中央教育審議会情報・・・特別支援教育関係以外にも,食育や体育関係など,いろいろあるので見てみましょう。答申や報告などは,見るのに慣れておくといいと思います。
[PR]
by viewtleaf | 2005-12-15 00:08 | 修論
初めての発表
 昨日は全く眠れなかった。というか,全く眠たくならなかった,という感じ。火曜から三日ほど,ほとんど寝込んでいたから,そのご褒美かな?
 さぁ,いよいよ学会発表当日。ゼミの先生と同ゼミ生の三人で会場へ。
 考えてみると,修論に密接に関係した発表は初めて。
a0014712_22385669.jpg

 残念ながら,流石に発表しながら自分の発表風景を撮影することはできませんでした・・・

 今回の発表で,いくつかの(大きな?)問題点がわかってよかった。やはりそう簡単には修論はできないんだな,と思った。

More
[PR]
by viewtleaf | 2005-12-03 23:30 | 修論
風邪を乗り越え,三度のプレゼン発表練習の後
ドキュメント・発表までの道のり~しんどいときこそ人の役にたて~

風邪で書くどころじゃなかったので今日一気に書きました
[PR]
by viewtleaf | 2005-12-02 20:30 | 修論



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31