カテゴリ:流体力学( 3 )
宿題:本日までに『何か』を作ること
ということになっています。が、今やっとできるようになったところ。

 いろいろトラブルがあって、すでにAM3:00。

・Clef・・・流体の解析計算をしながら、その計算結果データをリアルタイムに 可視化表示するソフトウェア。

・レイノルズ数Re(Reynolds Number)・・・流れの様子を判断する目安。飛行機であれば、機体の速度と大きさ、気流の密度と粘性(空気の持つベタベタ感)によって決まる値。 リンク

ほんで、中身は?
[PR]
by viewtleaf | 2005-01-28 03:24 | 流体力学
Clef2Dを使った
 今回は、Clef2Dというソフトを使った。a0014712_22592860.jpg
 前回までのHyperNAGAREを使いこなさないと話にならないのだが。

 なぜか、F1のファイルを上手く読み込めなかった。ので、F2のファイルを読み込んだ。それが右図。

 次回までに、『何か』を作ることになっているのだけど・・・・(;x;)
[PR]
by viewtleaf | 2005-01-21 13:16 | 流体力学
本日の流体力学の学び
 今日は、F1で練習。
 まず、シミュレートするモデルを作成。
a0014712_10183164.jpg

 このモデルは、ガスコンロを使って、換気扇を回したらどのような空気の流れになるのかをシミュレーションしようと考えたものである。

 まずはConditionの入力。
a0014712_10295994.jpg


 ・・・・と、ここで先生にこんな感じで考えている、と話したら、「熱源を部屋の中に設定できるよ」とのことなので、熱源でガスコンロを設定することに。つまり、これまでの設定はナシ、ってことで。がく。

More
[PR]
by viewtleaf | 2004-12-10 10:18 | 流体力学



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31