カテゴリ:機械工学( 4 )
エンジンを分解することの楽しさ
 今日は、非常に貴重な体験をした。先週からカブのエンジンを分解していて、昨日で一応終わったのだが、個人的にはまだ納得しなかった(まだ分解しきれていなかったのだ)ので、本日、続きをさせていただいた。a0014712_19575825.jpg
 お昼ご飯を食べて、M先生の部屋へ。すると、
「分解するの、やっぱり無理!」
 へ、どういうこと?と思いつつ、先生の説明を聞く。すると、どうやら、昨日「手に入る」と言っていた道具では分解することができないことがわかった、とのこと。普通の原付だと比較的簡単に分解できるが、カブは非常に部品が多く、複雑で、原付で使えた道具(自作らしい)が使えないことを確認。で、どうするかを先生と話し合う。
 本来は、このような(写真は自転車用)治具が必要らしい。
a0014712_2013552.jpg
「オートバイ屋さんに持って行って分解してもらうか。」
と言っていたのだが、原付用に作った治具を見て、ここにあるもので作れないかな、となり、
「まぁ、とりあえず(エンジン部に)タップで切ってみよう(ネジ穴をあけること)!」
ということに。分解できたらいいな。
 まずは、タップを切る。
 
a0014712_20284750.jpg

 思ったより簡単にタップが切れそう。期待できるかも。
a0014712_20334027.jpg
 今回は3番タップのみで切ることができた(タップにこんな種類があるの知らなかったよ)。写真はすべて12mm。
 両方タップが切れたので、今度は治具本体の作成。まずはけがき。
a0014712_20371634.jpga0014712_20383755.jpg










 穴あけはボール盤で。木工用とはひと味違う!
a0014712_2041214.jpga0014712_20492964.jpg
 機械用のボール盤は初めて。円卓を中心にして回転し、さらに支柱を中心にして大きく回転する。X方向,Y方向の方が使いやすいのでは、と思ったが、実際に使ってみると、使いやすい。細かい調整はこちらの方が楽かも。回転速度は90回転/minに。ボール盤についてもっと知りたい人がいれば、別のページで特集をしますよ(誰もいないか)。
 さぁ、治具が完成。エンジンに取り付けて、外す。
a0014712_20572645.jpga0014712_20573912.jpg
 写真の赤丸の部分の支柱がテーパ状になっていて、これを押し込めば外れる。『がん!!!!!!』という轟音とともに外れた瞬間は最高!自分で治具を作ったのもあるので、感動もひとしお。技術の授業では、この『感動』を味わえるようにできればいいな、と思った。a0014712_2113980.jpga0014712_2122756.jpg
 中からはコイルが出てきた。ピストンが回転するとこの電磁石も回転し、電気が作られる。この電気はウインカーやブザーに使われる。
 左の写真はインパクトドライバーを使っているところ。このインパクトドライバーは必需品だ。ハンマーでたたくとネジがゆるむ。
 ついにチェーンが見えた!
a0014712_2193086.jpg

 コンビネーションスナップリングプライヤでリングを外すところ。これもあると非常に便利!
a0014712_2119370.jpg

 今日、最も勉強になったのがこの部分。変速機を動作させるしくみがわかった。ここまではほとんど分解することしか考えていなかった(場面場面で先生から『今外したのはどういうしくみ?』と聞かれてはいたが)。今日は自分一人なので、一生懸命分解したものを組み立てなおした。そのときにこのピンが重要であることが分かった。
a0014712_2125898.jpg
a0014712_21283297.jpg
 
 今日は、非常に貴重な経験ができた。『がん!!!!』という音とともに外れたときの快感・感動、あーでもない、こーでもないと試行錯誤し、しくみがわかったときの感動、充実感は、作業を通してでないと絶対に分からない。ボール盤で黄銅の角材に穴を開けるときで、貫通する直後の感触は、口では伝えられない。
 技術では、『体で覚える』ことの大切さに気づくことができるように思う。職人技のすごさも、実際に自分が体験することで実感することができるのではないか。その意味で、徳島県技術・家庭科研究会のコンテンツはとてもいい。

 もっともっと、エンジンのことを知りたい、と思った。詳しく知るには、書籍しかないな。

More
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-01 18:40 | 機械工学
原動機付き自転車を分解したその1
 今日は、機械工学実習の最終講義として、原付を分解するという実習を行った。
 まだ分解し始めた頃の姿。
a0014712_20594621.jpg

 ミラーは簡単に外れました。
a0014712_2113333.jpg

 燃料タンク、外れました。
a0014712_2125333.jpg

 速度メーターって、こんなになっていたんですね。
a0014712_2145513.jpg

 これは、インパクトドライバといって、ハンマーでたたくと少し回転してねじが開く、というもの。
a0014712_20575634.jpg


 なかなか外れない!結局、外れなかった・・・・
a0014712_20531772.jpg


 いろいろ勉強になった。

・スプロケットと歯車との違い
 これがスプロケット。
a0014712_2172431.jpg

 このチェーンがスプロケットについていた。原付はほとんど一気筒らしい。
ショックアブソーバのこと(ダンパーとスプリングの働き)
Pastime的 エアサスのススメ
ショックアブソーバー(Wikipedia)

 結局、工具の関係で(レンチでもボックスレンチでも回せなかった・・・)、原動機の心臓部の分解は次回(2月28日13:00~)に行うこととなった。
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-25 00:38 | 機械工学
工業化教育論・・・ひずみゲージを使った治具の制作
 前回までに、プロトタイプは完成したため、本日は実際に測定してみることにした。
a0014712_8542159.jpg

 測定するには、ひずみゲージに導線を半田付けし、延長する必要があるので、延長しよう、と思ったら外れた!!!

 それから格闘すること約一時間、なんとか再び貼り付けることができました。
 アロンアルファで接着したのですが、なかなかくっつかず、苦労しました・・・

 ブリッジに治具を接続し、アンプ、ペンレコーダを接続、いざ測定開始!

 測定方法は、200gずつのおもりを載せていき、直線性が出ているかを調べた。

 しかし、何も載せていなくても、なぜかドリフトが発生。接触が悪いのか、絶縁が悪いのか、原因はわからず。しかし、今回はあくまでプロトタイプの評価なのでそのまま実験を行った。

 結果は、いかに。
[PR]
by viewtleaf | 2004-12-02 20:12 | 機械工学
ホバークラフト、完成
a0014712_11211479.jpg

 最初は上手く動かなかったのですが、チューブの空気をかなり抜くことで地面との密着度を上げ、うまく動くようになりました。


体重の重心をうまく考えないとうまく動きませんが、うまくいくときもといいくらいすーーーーっと動きました!!!!感動。。。。。
a0014712_11224062.jpg

[PR]
by viewtleaf | 2004-11-16 11:24 | 機械工学



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31