<   2005年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧
疲れた・・・
 さすがに疲れた・・・もっと仕事が早くできるようになりたいものです・・・・今日はメールを見る間も惜しいくらいだった。実際、今日はずっとパソコンを使っていながら、今やっとメールを確認できたのだから・・・
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-30 20:26 | Diary
M2。
 昨日、今日と、M2(すでに修了生)の方が学校に来られた。このように、まだ普通に学校で出会えるので、これからは我々がM2になるんだ、という実感が湧かない。「M2が近くにいる」という『空気』が、学校にはまだ漂っている。

 でも、4月になれば、M2の方々を知らない方々がやってくる。新入生の持ち込む新しい『空気』が、現在まだ学校中に漂っている『空気』を打ち消し、我々M1(もうすぐM2)は、知らない間に新しい学校生活になじんでいくのだろうか・・・・・・
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-29 22:59 | Diary
ネタの種、紙、アルプス社の地図帳の無料Web立ち読みサービス。さらにノータ
 先日、ジャストシステムのM氏に『ネタの種』を見せていただいた。保存を意識せずに、どんな文章も取り込め、一太郎2005があれば、アウトラインが自動的に整えられるのにびっくり!!ひさしぶりに本気で欲しいな、と思うソフトであった。

 この『ネタの種』は、『』というソフトを一太郎との連携強化等、改良を加えたものである。とりあえず、この『紙』をダウンロードし、使うことにした。なかなか、いい。あいであるーむ氏も愛用しているとのこと(現紙copi)。

 あと、今日、なかなかいい記事を発見した。アルプス社が、地図帳の無料Web立ち読みサービスを開始したというのである。実際に『アトラスRDX関西』を使ってみた。こりゃすごい!ちょっと道を確認するには、いいのではないだろうか。


・・・・と、こんなことをしている場合ではないのだが(明日までに仕上げないと行けない原稿等があるのに・・・・)、ついついブログを書いてしまうのは、すでに私がブロガーになっている、ということなのか・・・・


 追加。『ノータ』もスゴイ。『』もそうだけど、洛西一周氏は、なんてやわらかい発想の持ち主なんだろう!!!私も、見習いたいものである。

※『ノータ』はリアルタイムでホームページを作成できるソフト(Wikiよりもスゴイ!?)、『風』はメーラーだけど、ただのメーラーじゃない!受信箱も送信箱もなく、「人」単位でメールを管理できたりする、とっても斬新なメーラーである(らしい)。
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-29 22:53 | Software
休みなし
 今日も、今月中に終わらせなければならない仕事をがんばっている。一日中、原稿を書いていると気が持たないので、『未来教育~総合的な学習~』 (出演:鈴木敏恵)のビデオを見た。なかなかよかったので、ちょっとメモ。

・対話・・・会話ではない。
・元ポートフォリオ・・・時系列に、すべての資料等をファイルに綴じていく
→情報収集と判断を分ける・・・迷ったら入れておく
・凝縮ポートフォリオ・・・元ポートフォリオを凝縮したもの・・・『再構築』・・・思考技術を磨ける
→重要ポイントを発見できる
→個々の関係を発見できる
→知の共有

・元ポートフォリオはアナログでもいい
・凝縮ポートフォリオはデジタルでつくる・・・利点:加工しやすい、検索できる 欠点:感覚的に、ページをパラパラめくるようなことはできない

・ポートフォリオは、評価する側が評価される
・ポートフォリオはチャレンジャーを育てる。未来への切り札
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-29 04:01 | Diary
世界初!の観覧車が大阪に!
「ドン・キホーテ道頓堀店」の世界初観覧車に乗ってきた | Excite エキサイト

 世界初!の観覧車が大阪にできたそうです。楕円形に回転するのと、座席が180度回転するのが世界一だとか。一度、乗りに行きたいな♪
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-24 19:36 | Diary
めも

村松研究室;http://www.mura-lab.info/
黒上晴夫のサイト;http://ks-lab.net/haruo/

小学校教師用教育関連総合リンク集;http://homepage3.nifty.com/syoutl/
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-24 16:38 | Diary
『ことば』の重要さ
 ここ数日間の間で、たくさんの出会いがあった。これも、『よいエネルギーの発信源』の近くに私がいるからであろう。よいエネルギーの周りには、よいエネルギーを持った方が集まってくるのだと思う。
 その出会いの中で、もっと印象深かったのが、萩市の方との出会いである。以前から、一度お会いしたいと思っていて、それがかなったことになる。優しい口調で話され、そして、その一言一言に思いが込められている、そのような印象であった。
 お話しの中で、私にとって大切だと思えるキーワードが数多く出された。「よいエネルギー」もその一つである。「こんにち“は”」「こんばん“は”」についてや、「もらう」「いただく」について等、言葉についても考えさせられた。その他、「情報編集能力」、「自己開拓力」、「根っこ」のお話、「マラソン」と「有酸素運動」のお話、金子みすゞの詩の意味について等、非常に興味深いお話を聞かせていただけた。

 メール一つとっても、学んだことがある。出会った方から、お礼のメールが届いたのである。「心遣い」の感じられるメールであった。私自身、今までそのようなメールを送れていたであろうか。もっともっと、心遣いができる人間にならなければ。そう強く思った。
 
◎参考リンク
語源由来辞典;http://gogen-allguide.com/
「いただきます」の意味;http://www.iwanami.co.jp/kagaku/KaKa200501.html
金子みすず詩集;http://tokushima.cool.ne.jp/bunnchan/2001/1028/kanekomisuzu.html
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-22 10:05 | Diary
フォーラム2005 in東京・IT活用による元気な学校づくり
 日本教育工学会研究会、鳴門セミナーと、立て続けに大きなイベントをこなしつつ、夜行バスに乗り、一路東京へ。『フォーラム2005 in東京・IT活用による元気な学校づくり』へ参加した。

 以前から光ヶ丘中学校について知りたい、と思っていたので、楽しみにしていた。会場では「あいであるーむ管理人」氏と落ち合い、一緒に参加させていただいた。そのおかげで、様々な方と出会うことができたことは、この上ない幸せであった。特に、堀田先生に直接相談させていただく機会を持つことができたのも、他ならぬ「あいであるーむ管理人」氏のおかげである。本当にありがとうございました。

 フォーラムでは、まず光ヶ丘中学校の、「ITを活用した開かれた学校づくり」をテーマとした実践発表であった。校長先生自らが率先して教育へのIT活用に取り組んでおられることがよくわかった。教育工学会研究会で、GLOCOMの方が発表しておられた「ポジティブ・ループ」になっているな、と思った。情報開示を積極的に行うことこそが、保護者等に安心感を与え、学校運営を円滑にさせ、さらにそのことが学校の自信につながるのだ。
a0014712_21341948.jpg

 今までに、様々な学校を訪問してきたが、すばらしい実践をされている学校に共通しているものが一つある。それは、校長先生がリーダーシップを持って、新しいことに率先して取り組んでおられる、ということである。逆に言えば、校長先生が替わったとしても、その学校の評価が悪くならないようなしくみが必要だとも思っている。そのキーポイントとなるのが、ワークショップ型研修なのかもしれない。
 
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-21 20:51 | 研究会等
日本教育工学会研究会へ初めての参加
※この記事を書いたのは3月24日です。

 日本教育工学会研究会。鳴門にで開催される、ということで参加しました。というか、一応発表論文の中には名前を連ねてはいるのですが、メインではないのでプログラムへの記載はありません。

 半分(以上?)は本大学院や関係者の論文発表でした。関係者以外で最も興味深かった発表は、豊福晋平氏の発表でした。最初は、正直に言って、『どこかの企業宣伝か?』と思ったのですが(すみません!)、「情報開示のネガティブ・ループ」から「情報開示のポジティブ・ループ」へ、その転換の触媒としての学校外部評価、と言ったお話しを聞き、さらに、質疑応答場面での堀田先生の質問に対する豊福氏の回答、『学校のサイトはもっとロマンティックでもいいのでは。20年後の子どもと一緒に、20年前の鼻垂れ小僧時代の自分の写真とを見比べて、「20年前はこうだったんだよ」というストーリーができれば・・・』に、ちょっと感動しました。アカウンタビリティも大事だが、それだけでなく、学校として社会的なものを残していくことも必要といったお話、メディアとしての学校サイトの5つの特徴(特に3番の「学校サイトはメディアとして学校の現実を構成する」に納得)についてのお話等、とても興味を持って聞くことができました。

 発表の後、直接お話する機会を持つこともでき、いくつか質問をさせていただくことができました。

 今もDVビデオを見ているのですが、生で見て、DVで2回見ると、さすがによくわかってきました!名刺までいただいてしまったのですが、私の名刺を忘れてしまい、お渡しすることができませんでした(すみません・・・)。
 お話を聞いて感じたのは、『ブログ』の威力です。私もこの『ブログ』を始めて一年が経とうとしています。その間、いろいろな活用が出来るのでは、と個人的にいろいろ試している間にも、どんどん『ブログ』は増殖を続けています。サーバ管理者泣かせな『ブログ』らしいですが(トラックバックなど、サーバにとってかなりの負担らしい)、コンピュータに詳しくない方でも簡単に更新できる、つまり、毎日、日記のように更新できるというメリットは、非常に大きいと思います。まさに、学校にうってつけ!といったところでしょうか。


◎参考リンク
i-learn.jp;http://kids.glocom.ac.jp/
J-KIDS大賞HP;http://www.j-kids.org/index.html
日本教育工学会;http://www.jset.gr.jp/
J-KIDS大賞2004受賞校;http://www.j-kids.org/selection/review.html

J-KIDS大賞2004県代表選考評定指標(詳細解説);http://kids.glocom.ac.jp/misc/jkids/jkids04_manual.pdf
ディジタルアーカイヴ;http://kids.glocom.ac.jp/eduwoods/・・・・非常に興味深い内容の記事が満載!

ステークホルダ;http://allabout.co.jp/career/swengineer/closeup/CU20030715W/
電子行政用語集:アカウンタビリティ;http://cgs-online.hitachi.co.jp/glossary/kana/a_003.html
スキーム;http://www.kokken.go.jp/public/gairaigo/Teian1/Words/scheme.gen.html
「外来語」委員会;http://www.kokken.go.jp/public/gairaigo/index.html
The Mere Exposure Effect Is Differentially Sensitive to Different Judgment Tasks;http://kyoumu.educ.kyoto-u.ac.jp/cogpsy/personal/Kusumi/bbs02/BBS020626m.htm・・・単純接触効果(Zajonc,1968)についての記述がある。つまり、何度も会えば好感度があがるというものらしい。
学校ウェブを作る その1;http://kids.glocom.ac.jp/eduwoods/schoolweb/makingweb1.html
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-19 23:59 | 研究会等
『思い』
 昨日、大学院の修了式(学部の卒業式も)があった。今日は、日本教育工学会研究会があったので、たくさんの修了生が参加していたので、まだ実感はなかった。

 研究会終了後、懇親会が催され、参加した。M2の方と話をしているうちに、「あぁ、もうすぐM2の方々がいなくなるんだ」という思いがこみ上げてきた。涙が出た。

 M2の方々には、とってもお世話になった。『思い』がたくさんあって、書けない。初めてそんな気分を味わっている。こんなことを思えるような体験ができたことをうれしく思う。
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-19 22:05 | Diary



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
検索
カテゴリ
全体
Diary
学校での取り組み全般
バレーボール
修論
Linux
Network
Security
Software
総合関係
Medical treatment
JAVAプログラミング
研究会等
特別支援
Fishing
流体力学
機械工学
画像処理
電気工学
情報工学
木材加工
異文化間教育
ビデオ編集
イギリスの学校
書評
リンク
金属加工
学ぶ・わかる
Bowling
Hardware
麺類
Piano
English
パズル
卓球
未分類
フォロー中のブログ
異能者集団のチームワーキング
私たちにもできる!国際協力
ジャストジャンプ3@フレ...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧