<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
「SCJ文化祭キャンペーンのためのブログ」を作りました
 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが行っている、「文化祭キャンペーン」。「知る」「伝える」「行動する」の3stepで、世界の子どもたちのために文化祭等で活動したことを報告する、というものです。
 現在、学校でも取り組んでいるのですが、通常、学校の授業は50分で、手当たり次第に調べていると、あっという間に時間は過ぎてしまいます。対応策として、あらかじめ参考となる本をたくさん購入したり、関連資料や関連新聞記事を見つけては配布するといったことをしているのですが、今回、これらに加えて「セーブ・ザ・チルドレン 文化祭キャンペーン活動を進めるためのリンク集」をブログを使って作りました。
 このブログをどのように活用していくか、これから考えていきたいです。

SCJ文化祭キャンペーンのためのブログ
[PR]
by viewtleaf | 2007-10-28 05:24 | 学校での取り組み全般
楽しい研修~学び合う研修~
 さぁ、研修当日。朝、通勤途中に、あることを「ふっ」と思いつきました。「学校ごとにアカウントを作ったけれど、同じ学校の人が同じアカウントだった場合、JJ3のアンケートをするときに問題にならないのかな?」と。で、試しにやってみたら、案の定、できないじゃないですか!まぁ、同じ人が複数回答えたら、おかしなりますわな。
 急遽、アカウントを作成しなおしました。

 いよいよ研修が始まります。緊張の一瞬。でも、思ったより自然に始まりました。

 まずはアンケート機能を使って、今までのICT活用経験と、どのソフトの使い方を学びたいかを質問しました。
 一番人気は「ラベルマイティ」、二番人気は「三四郎(かいけつ表グラフ)」と「はっぴょう名人」でした。偶然にも私が選択した3つのソフトと同じ!
 そのあと、ワークショップ1の開始です!

More
[PR]
by viewtleaf | 2007-10-17 23:59 | 研究会等
楽しい研修~学び合う研修~ができるまで
 何ヶ月も前から、考えに考えていた研修会がいよいよ開催する日をむかえました。

 パソコン室リプレイス、ジャストジャンプ3@フレンド(以下JJ3)導入と、ICT環境が大幅に向上し、やりたいことができるようになってきました。偶然、市内の先生方に研修する機会を得たので、このチャンスを生かして「やりたいこと」をやってみようと日々悩み、考え、相談し、時にはしかられながらこの日をむかえたわけです。

 ブログを書いていたら、異常に長くなってしまったので、「研修実施までの紆余曲折」と「研修実施」にわけます。

More
[PR]
by viewtleaf | 2007-10-17 23:12 | 研究会等
統計データを地図でわかりやすく表現したページ
 タイトルの通り、統計データを元に、白地図の上に色を塗って一目でわかるようにしたページがありました。国際理解教育がらみの勉強を今しているのですが、5歳未満の死亡率やら、識字率やら、いろいろなデータがでてくるわけです。それを、白地図の上に塗るのもいいなぁ、と思っていた矢先、このページを発見。

ちなみに、白地図はこちらのページにありました。ほかにもたくさんのページがあるので、探してみるとよいでしょう。
[PR]
by viewtleaf | 2007-10-06 11:17
ちりとてちん
 新しいNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」が今週から始まった。

 別に「是非見たい!」と思っていたわけではないが、先日終わった「どんど晴れ」を(最終回は見ていないが)少し見ていた流れもあったし、仕事から帰ったら、「ちりとてちん」を録画したDVDがデッキに入っていて、再生するとたまたま第一話から始まったということで、見始めたわけです。

 何の予備知識もなく、「落語」がテーマということくらいしか知らずに見た人が書く、あらすじと感想。

 塗り箸職人の家で育った主人公の父親が、「跡を継ぐ」と宣言したものの3年で家を飛び出し、家庭を持つ。その家族が約10年ぶりに、妻と子(小3の娘(主人公)と小1の息子)とともに実家に戻るところから話は始まる。

 実家に戻り、父親の父親、主人公から見たら祖父に、父親が「跡を継ぐ」と言うが、断固拒否!親子ともども頑固おやじ・・・
 その頑固な祖父、正太郎と主人公である喜代美とが急接近する。そのきっかけが「落語」だ。この連続テレビ小説のタイトルも、上方落語の演題の一つ。

 日々仲良くなっていく喜代美と正太郎。
 正太郎が、喜代美に塗り箸の作り方を教えてもらっているときの台詞を聞いていて、「ぐっ」ときた(そんなタイトルの本もあったなぁ)。

「貝殻やら、松葉やら、ほかしてしまうようなもんが、こんなきれいな模様になって出てくる。人間も箸と同じや。研いで出てくるのは、この塗り重ねたもんだけや。一生懸命生きてさえおったら、悩んだこともぉ、落ち込んだこともぉ、きれいなぁ模様になって出てくる。おまえのなりたいモンになれる。」


 
「喜代美、おまえはおもろい子や。おかしな人間が、一生懸命生きとる姿は、ホンマにおもろい。落語と同じや。」


 人生、生きているといろんなことがある。つらいこと、いやなこと、何で生きてるんやろ、と悩むこともあろう。でも、一つも無駄なことはない。「今生きている自分」は、それらをすべてひっくるめているからこそできた「自分」である。一生懸命生きていれば、それはいつかきれいな模様となるときがくる・・・・

 これからもがんばるぞ!!と思うと同時に、「ちりとてちん」を見続けようとも思ったのでありました。こんな気持ち(連続テレビ小説を見たい!)になったのは、初めて。
 あと、家族で一緒に楽しめるテレビ番組があるというのも、いいですよね!(これまでも、ケロロ軍曹やゲキレンジャー、電王など、子ども向け?番組はいつも一緒に見まてすけどね)


 あと、全然関係ないですが、「朝の連続テレビ小説」とか、「朝ドラ」とか呼ぶことがありますが、正式名称は「連続テレビ小説」だそうです。参考リンク
[PR]
by viewtleaf | 2007-10-06 09:55 | Diary
最近、本をたくさん読むようになりました
 最近、ほんまによぉ本読むようになったような気がする。今年の夏休みこそ、これから仕事をやっていくために自分自身を伸ばすための最後のチャンス、と思って、いろんなセミナーに参加し、これは、と思った本を買いまくり、読みまくった。国際理解教育関連が非常に多いけれど、養生訓とか(あまり読めてないけど)、暗黙知の次元とか(難しすぎてよくわかりません)、ごまかし勉強とか(これはおもしろかった)も読んだ(ほとんど読めてないようなきもするが)。ちょっと前までは、千葉保さんの書かれた書籍を中心に読んでいた(彼の著作を読んで、なんでだろ?と自分自身が思ったことをとことん追求し、それを教材にするのがいいんだな、と思いました)のですが、今日は少し前に買った「技術の伝え方」をぱらっとめくり、また読みたくなったので(まだ一部しか読んでなかったけど)通勤時に読んだ。
 この本は、2007年度問題を乗り越えるために不可欠な様々な仕事に関する技術を伝えるためにはどうすればいいのかと悩んでいる人たち向けに書かれたものであると思うけれど、学校の先生が児童生徒に「伝えたい」ことを「伝える」方法を学ぶのにとても参考になると思う。いろいろ「うぅむ・・・」「おぉ!!」「なるほどなぁ」と感じるところが多い。最も「そうだなぁ」と思ったのが、『「伝える」のではなく「伝わる」』と書かれた部分である。伝え方を磨く前に、相手の立場に立って、「伝わる状態」をいかに作るかを考えるべきだ、といったことが書かれていて、最近思っていたこと(まず授業を受けたい、聞きたい、という態度をとるような授業をしないとだめだなぁとか、部活動で「もっとうまくなりたい!教えてほしい!」となるような働きかけをしないといけないなぁとか思っていたので)とバチっと重なったのであるのです。
 ほかにも守・破・離とか、暗黙知とか、参考になることがたくさんあると思うので、みなさん、読んでみてはいかが?

 
[PR]
by viewtleaf | 2007-10-05 00:16 | Diary
難しい、聞いたことのないカタカナ言葉
「レバレッジ」とか、「レバレッジ・リーディング」とか、レバレッジのついた言葉が目に付く。
「レバレッジ」って、何だろ?と思って調べてみると・・・・・

「レバレッジ」って、ようするに、自分以外のもの(お金や人など)を有効に活用して、効率よく効果を上げること、というような感じかな。「てこ」の意味らしい。で、「レバレッジ・リーディング」は、たとえば本を読んで、「AHA!」と思ったところに線を引いたり(最終的にメモする)、思ったことをメモしたりして、あとで活用できる「形」にすること・・・・であってるかな?

調べて思ったのは、大学院時代に私が学んだことを、別のカタカナ言葉で表現したものだったんだ、ということ。たとえば、レバレッジ・リーディングは、「知の総合化ノート」に貼り付ける付箋みたいなもの、というようにおさえているし、レバレッジは、異能者集団のネットワーキングを作ろう、ということかな、というようにおさえている。(本来のレバレッジの意味は、他人資本を導入することで利益を増やす、といった意味みたいだけどね)

少し前は、ナレッジ・マネジメントという言葉をよく聞いた(読んだ?)なぁ。今では企業では当たり前に知識管理してるのかなぁ。教育現場では、さっぱり聞かないけど(聞いたことないだけだろうけど)、やっているところあるのかなぁ。
あと、氾濫するカタカナ言葉を漢字で表現しよう、とか言ってたような気がするけど、どないなっとんのかなぁ。
[PR]
by viewtleaf | 2007-10-04 23:53 | Diary
おすしの食べ方
おすしの食べ方のマナーって、ある?と聞かれたので、調べてみた。

<質問> お醤油のつけ方ってあるの??

おすし食べ方

おすしまめ知識・・・フラッシュアニメでわかりやすい!

いやぁ、一般的には、ネタを下に向けて、しょうゆ皿に入ったしょうゆにつけて、ネタを下向きのまま食べるのですね。ネタを舌にのせると数段味があがるとか。

すしの上に直接しょうゆをかけるのは、どうなのかなぁ・・・・だめ?
[PR]
by viewtleaf | 2007-10-04 21:52 | Diary
気になるCM
 最近テレビで、「野村の金融経済教育支援に賛成ですか?反対ですか?」というのをやっているのを何度かみた。それで、「どんな教育支援なのかな」と思い、ネットで検索。すると、こんなのがあった。


なるほど経済入門「街のTシャツ屋さん」

中学生向けに開発され、指導書もあるらしい。全国の中学校に寄贈されているとのこと。最近は個人からの希望も多いとか。一回見てみたいな。

あと、小学生向けのものもあるので、一度のぞいてみては。

参考リンク

[PR]
by viewtleaf | 2007-10-03 23:29 | Diary



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31