<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Lesson 2。
 今日はピアノレッスンの2回目。

 前回の課題を弾く。

●バイエル
・No.17,18はOK。次回No.19から。付点のついた四分音符のタイは、八分休符が入るような感じで、とのこと。
・No.38,39はOK。No.40は、弾けてはいるが、体が勝手に動いて弾けている感じで、なんとなく納得できていないので、次回はここから。
●ブルグミュラー
・すなおな心・・・ずいぶん余裕を持って弾けるようになってきたように感じる。自身がない箇所を重点的に、完成度を高めていく。
●チェルニー・100番練習曲
・No.1・・・弾けるときと弾けないときがある。指使いがまだ微妙。うまく弾けないところだけを中心に練習すること。5回連続でうまく弾けるまで。
・N0.10・・・左手は「タンタンタンタン・・・・」という感じで、軽やかに。
●おまけ
・春が来た・・・ずいぶんスムーズに弾けるようになった。

 本日のレッスンは、こんな感じ。次回はGWのため、少し時間が空くので、しっかりと練習!


 全然関係ないけど、起立、礼、着席のときにならす「ちゃーん、ちゃーん、ちゃーん」を教えてもらい、とりあえず弾けるようになった。

 古本屋さん、本屋さんでソナタ、ソナチネの本、購入。のだめカンタービレでのだめが初めて弾いた曲であるモーツァルトのピアノソナタが気に入ったので、「いつか弾けるようになりたいなリスト」に追加。難しいけど、楽譜を見ながら弾く練習をするのは、楽しいな。
[PR]
by viewtleaf | 2008-04-26 23:55 | Piano
絵本大好き
 大学院時代、絵本の研究をしている先生の授業を受けていた。それ以来、絵本(の読み聞かせ)が大好きになった。前任校でも読み聞かせをしたくらい!

 「だるまちゃんとてんぐちゃん」や、「りんごがたべたいねずみくん」、「ふたりはともだち」などがお気に入り。(関係ないけど、小学校2年の国語の教科書に載っている「たんぽぽのちえ」も気に入ってます。)

 この「絵本」を使って楽しもう、という本があるらしい。三森ゆりかさん著「絵本で育てる情報分析力」で、「読書へのアニマシオン75の作戦」について紹介されており、まえまえから「欲しいな」と思いながら、手に入れることができていなかった・・・・・

 で、今年度、新しい職場となり、具体的に活用できる場面がありそうなので、「読書へのアニマシオン」についての書籍やWebページを探してみた。


 で、見つけたWebページが「読書へのアニマシオン」。じっくりと読んでみたいページである。本も注文済み。早く来ないかな!

More
[PR]
by viewtleaf | 2008-04-24 03:11
研究
 今年度、異動となり、新しい職場での勤務も3週間が過ぎた。

 今年度の分掌は、「研究部」。学部研究となるので、学部の中心となって研究を進めていく立場となる。研究部主任さんが非常にできた方で、研究についての話しから悩み相談まで幅広く面倒を見ていただいています。ありがとうございます!

 で、今年度のテーマのヒントを、と、研究主任からの宿題として、過去の研究紀要をひもとき、これまでの研究を振り返っている最中、であります。

 昨日は紀要の5号から最新の15号まで借りて、一応ざっと流し読みしたのだが、それ以前のものも読みたくなり、借りて、読んだ。1号は1978年。変遷がわかります。

 最新までの数号を読むのも参考になるけど、最初から読むと、どのように研究が進められてきたのかがなんとなく分かる気がします。
[PR]
by viewtleaf | 2008-04-24 02:50
初レッスン
 今日は、初めてのピアノレッスン。
 
 最初は子どもが初レッスン。いすの高さ調節、姿勢から始まって、楽譜の簡単な読み方、鍵盤の黒鍵と白鍵、とおべんきょう。「ド」と「レ」だけの曲を練習して終わりました。宿題もあるよ。

 で、私の番。
・バイエル
 左手の指使いの練習に、17番を弾く。複縦線でいったん両手をあげ、曲調?を切り替えて弾く、とのこと。複縦線を意識して弾いたことがなかったので、これがなかなか難しい。うまく弾けない箇所を練習するようにとの指示。
 通常練習は、以前バイエル60~70番位まで練習していたが、ブルグミュラーが弾けるようになるためには40番あたりから練習し直した方がいいかな、ということで38番からレッスン。複縦線がなかなか・・・・・・ここも、うまく弾けていない箇所を何度も練習することに。
・ブルグミュラー25の練習曲
 「すなおな心」、本来ならバイエル終了程度で練習する曲らしいのではあるが・・・
・チェルニー・100番練習曲
 チェルニーは、さらに難易度が高い、「指の練習曲」なのですが、まず1曲目をしっかり弾けるように練習することに。

 がんばろー。
[PR]
by viewtleaf | 2008-04-19 12:52 | Piano
竹炭マン
 今日、同僚から送られてきたメールにあったリンクの中に、「タケズミマン」というのがあって、子供と一緒に見てみました。

 それを見て、「竹炭作りたいなー」「これ、木工作業の失敗竹を使ってニューアイテムが作れるかも!」とか思ったので、調べてみました。

 で、発見したのが「竹炭.com」。竹炭の作り方も載っていたので、早速作ってみたいな、と思います。

 他にも、「オイル缶で竹炭作り」など、商品化の参考となるようなページも数多くあるので、いろいろ調べてみようと思います。

 あと、「竹炭の秘密を探れ!」という、小学生が作ったページも見つけました。ここが一番わかりやすいかな。今年、こんなページが作れたらいいな。

 宴会部長様、貴重な情報をありがとうございました。
 
[PR]
by viewtleaf | 2008-04-19 12:21
影絵
 harakin.net で、「プロジェクタで影絵をしよう」のページがある。これ、おもしろそう、使えそうと思ったので、ここにメモ。
[PR]
by viewtleaf | 2008-04-14 06:32
ピアノのレッスン
 「いつか、『エリーゼのために』と『トルコ行進曲(モーツァルトの方)』を弾けるようになりたい」
 いつだっただろうか、こんな夢を持ちだしたのは。

 「ピアノを弾けるようになりたい」となんとなく思っていたのは、小学校のころからだったろうか。

 会社員だった頃、NHKで「ピアノでポップスを」という番組を偶然知り、キーボードを購入し、独学で練習をしていたころがあったなぁ。このときに初めて、少しだけ両手で弾けるようになった(テキストに載っていたチムチムチェリーとか)。
 このあたりかな、具体的な曲名を出して「弾けるようになりたい」と思い出したのは。
 
 大学院に行っていたとき、ついにピアノのレッスンを受けられるようになった。半年だけではあったが、バイエル65番あたりまでできるように。他にも、ブルグミュラーも少し弾けるように。
 大学院の先輩に、「ツェルニーを一日5時間、毎日練習すれば初見で弾けるようになる」と聞き、大学院時代はまぁ一日1時間程度は練習していたけれど、大学院修了後は、どんどん練習から遠ざかり・・・・・・・・・


 4月、職場が変わった。音楽の授業にも関わるようになったのと、土、日が以前より自由になったということで、ごぶさたになっていたピアノのレッスンを、子どもと一緒に受けてみようかな、と思い、レッスン体験に行くことに。



 子どものレッスン見学後、私の番。とりあえず、バイエル55番や60番、ブルグミュラーの「すなおな心」「アラベスク」を聞いてもらうことに。しかし・・・・指が・・・!動くけど、違う音を・・・それに、忘れている・・・・楽譜を見ずに弾いている・・・・

 以前から、先生に指摘されていたり、自分で課題だと思っていたことは、
・左手の音が強い
・ペダルの使い方がいまいちわかっていない
・鍵盤がはなれるとなめらかに弾けない
・ブルグミュラーの曲をなめらかに弾けていない(特にアラベスクの11小節目あたりから)

 このことを話し、アドバイスをいただいた。
・左手が強いのは、弾き方が右と同じだから。左手の指で鍵盤をたたかず、指だけで弾くようにすること
・ペダルの練習方法は、単純にドからレになめらかに移動させられるような方法でできる。ペダルだけの練習本もあるらしい。
・鍵盤が離れる場合は、休符があればそれを使って指をあらかじめ移動させておく。なければ指送りを工夫する。例えば、右手の3番で弾くところを2番で弾く、とか
・ゆっくりひいて、指がくっつかないように練習する

 で、具体的には、バイエル55番の練習、17番の練習(左手の指送りは、このあたりから練習し直した方がいいとのこと)、ブルグミュラーの「すなおな心」を練習しておくことに。


 可能であるなら、毎週レッスン受けたいな。

 


 
[PR]
by viewtleaf | 2008-04-12 20:44



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30