<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
アナリーゼ
 「楽曲分析」とWikipediaに書いていました。また、「楽曲がどう作られているか知る学問」とも書かれていますが、自分の感覚としては、「作曲者が、どんな思いを込めて作曲したのか」を調べることがアナリーゼなのかな、と思っています(「のだめ」を見ていて(読んでいて)、そう感じたんです)。


 なんで、こんなことを書いているかというと、「エリーゼのために」を練習していて、「ベートーベンは、どんな思いでこの曲を作ったのかな」と思ったからです。それを知って、曲を弾けたらいいな、と思ったわけです(思いを形にできる技術があるかどうかはともかく)。

 で、調べると、「ベートーヴェン ソナタ・エリーゼ・アナリーゼ!―名曲と仲良くなれる楽曲分析入門」という書籍を発見、早速購入。いやぁ、おもしろいね。でも、専門用語が沢山で、もっと勉強せないかんなぁ、と思いました(完全終止やら減七やらカデンツやら、イメージがわかないんだよね)。
 でも、22小節の、曲調がかわるところで、譜面を分けて考えるとわかりやすいとか、「なんとなくわかった・・・・かな」とは思えました。

 この本は、「エリーゼのために」だけでなく、たくさんのピアノソナタのプチ・アナリーゼをしていたり、ベートーベンの生涯をわかりやすく紹介していたりと、中身の濃い一冊ではないかな、と思います。ただの読み物としてもよし、楽譜もたくさん載っていて「楽譜を読むのは得意だ!」という人にもいいかも。



 今日は、ピアノの弾ける人に聴いてもらって、少しアドバイスをもらいました。

1.右手と左手のメロディを自然に流れるように(よーするに、うまくつながっていなかったのでしょう)
2.曲調が変わるところで、急ぎすぎないで、もうすこしゆったり入った方がいいかな(あせって弾いているように聞こえたのでしょう。ミスタッチしまくりだったし)
3.さらに曲調の変わるところ(ラの連打!)は、右手がメロディなので、右手をしっかりと!

だいたい、こんな感じかな。(勝手な解釈も多少入っているかも)
 

More
[PR]
by viewtleaf | 2008-07-22 22:32 | Piano
エリーゼのために
 今日、書籍「最後の授業 ぼくの命があるうちに」(DVD付き)が届きました。偶然、ネットでこの話題を知り、注文していたものです。早速、視聴。

 『子どものころからの夢を本当に実現するために』。この書籍の著者である大学教授ランディ・パウシュの、最後の講義に選んだタイトルである。

 詳しくは、実際に書籍を読むか、ネットで「最後の授業」で検索してみてください。参考リンク

 「夢」。子どものころは、あまり真剣に考えていなかったように思うが、今現在は、たくさんの「夢」を持っている。その一つが、「エリーゼのために」をピアノで弾けるようになること。
 いつのころからか、「エリーゼのために」やモーツァルトの「トルコ行進曲」を弾けるようになれたらなぁ、と思っていた。十ウン年前に、キーボードで少しだけ独学したことがあるが、挫折。
 転機は3年ほど前、大学院に通っていたときのこと。全くの初心者でも、ピアノの授業に出られるらしいことを聞き、意を決して受講。半年間、充実したレッスンを受けることができた。その後の半年は、院生であったため、ほぼ毎日、ピアノで練習することができていたが、大学院修了後は、ピアノをから少し遠ざかっていた。
 そして、今年四月、異動を機会に、ピアノレッスンを始めたのはもうすでに何度がここに書いた。いよいよ、「夢」の一つをかなえる時がやってきた。いや、かなえる努力をすることにした、というべきか。

 ピアノ教室では、年に何度か演奏会をしているそうで、今度は9月にあるとのこと。「参加しませんか?」と問いかけられ、「出てみたい!」とは思ったものの、「何を演奏するか」「子どもは出るだろうか」と少々悩む。子どもが「出たくない」のに、自分だけ出るのはなぁ、と思い、子どもとも話し、子供と一緒に出ることに。子どもはピアノを習うのは全くの初めて。3ヶ月の経験で、しかも人前で演奏するのは、本当に勇気のいることがと思う。最初は「恥ずかしいから・・・」といやがっていたのも当然。それでも、最終的には、勇気を出して「出る!」と言ったのだ。私も、ここで冒険をすることに!
 演奏会では、『エリーゼのために』を弾く。そう決めた。半月ほど前の話では、ブルグミュラーの「バラード」や「アラベスク」などを数曲弾くのはどうですか、と言われていたぐらいなので、かなりの冒険のような気がする。でも、子どもが見せてくれた勇気に見合うだけのことをやりたいと思い、決定した。無謀かもしれないけど、途中で頭が真っ白になって、弾ききることができないかもしれないけど、とにかく、やってみようと思う。

 「夢を見ることができれば、やり遂げることができる」

は、ウォルト・ディズニーの言葉だそうだ。『「エリーゼのために」を弾けるようになる』という夢を見ることにして、やり遂げてみよう。

More
[PR]
by viewtleaf | 2008-07-06 23:10 | Diary



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31