Customizable KNOPPIX on UserModeLinuxを使う
 レポートも残すところ一つとなったので、やっとこさ、Linuxです。『ぼくんち』を読んで、少しやる気になっています(多分)。

 今、使っているこの東芝のノートブックを使って、Customizable KNOPPIX on UserModeLinux(な、長い)を使ってみようと思い、CD-ROMブートしようとしたのですが、・・・・やりかた忘れた!これで数時間悩みました。ネット環境がないので、Helpを一生懸命さがしたのですが・・・・・ない!なんて探しにくいんだ!
 結局、ファンクションキーの総当りで、『電源投入時にF12キーを押す』ことで起動ドライブを選択できるということを思い出し、やっとこさ起動。
a0014712_1585877.jpg

 起動中の画面。
 正常起動を確認後、仮想マシンを作り出すプログラム「User Mode Linux」を起動し、仮想マシン上にKNOPPIXを起動した(下の画面)。
a0014712_21419.jpg

 とりあえずここまでやったんだけど、
 「よっしゃ、これしよ!」
といった内容を考えていなかったので、立ち上げて終わりました。
(一応、1CDLinuxにアプリケーションを追加するという目的はあるんだけど)
メモリが256MBしかないからか、仮想マシン上のKNOPPIXでゲームを起動しようとすると、とてつもなく動作が遅くなり、使い物になりませんでした。

 ここでは簡単にまとめたけど、もっと詳しく別の場所で書くつもりです。そのときはリンクをここに貼りますので、よろしく。
[PR]
by viewtleaf | 2004-09-13 02:04 | Linux
<< 9月13日(月) 集中講義『情... 9月12日(日) 明日の集中講... >>



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30