カテゴリ:未分類( 93 )
英語の勉強
 久しぶりのブログ。見返してみると、「こんなこと、書いたっけ?」といったものばかり・・・・・すぐ忘れるんだなぁ・・・・

 さて、タイトルの件。

 4月から、思うところがあって、英語の勉強を始めました・・・・と言っても、当然中学生のころから英語は習っていたわけで、再開、というのが正しいのですが(もっと言うと、これまでに何度か集中的に英語を勉強したころが何度かありました・・・)。 

 2か月弱の間、平日はほぼ毎日、一時間もなかったですが、英語圏の方とお話しする機会をいただきました。

 「今度こそ、少しでも会話できるようになりたい!」との思いでやってはみたものの、現実は予想以上に厳しく・・・・・成果と言えば、相手にもよりますが、多少は聞き取れるようになったことと、英語なんかしゃべれなくても、会話の中に入ろうと(少しは)アクションを起こせるようになったことくらい。
 聞き取れたとしても単語がわからない、単語が聞き取れたとしても意味が分からない、知っている単語だったとしても言葉がどんどん流れていくので文章としての理解まではなかなかいかない・・・・・ある程度の文意は理解できたとしても、答えが文章で出てこず、単語が出ればいい方・・・・

 まぁ、とにかく、何はともあれ2か月弱の経験は、今後、英語学習をどのように進めていけばいいのかの指針を示してはくれたかな、とは思っています。
 
 単語をたくさん覚えつつ、基本構文を暗記。とりあえずは、ここから、かな。並行して、たくさんの英語を聴く機会を作り、いわゆる自動化できたらいいな。

参考リンク
[PR]
by viewtleaf | 2013-08-30 00:16
ケータイがUSBメモリになる!
 ケータイがUSBメモリになる!

 これは!と思ったので、メモ。USB端子付きケータイで、直接接続可能(そのまま充電できる、ということ!)、しかも、内部メモリがそのままストレージメモリとして認識するとのこと(中国ではふつうらしい)。日本でも、こんなのあったら、ほしいなぁ。
[PR]
by viewtleaf | 2008-11-20 22:14
個人研究、学部研究、全体研究
 附属の学校、ということで、研究活動が重要になることはわかっていたつもりであった。

 個人研究は、好きなことを研究すればよい。しかし、学部研究、全体研究は、一人では進められない。中心となる者が見通しを持って、研究の方向がぶれないように、取り組みを進めていかなければならない、ということも分かっているつもりであった。

 しかし、思っているより、簡単には進まないのではないか・・・・・・中学部で少し話し合って、そう感じた・・・・GW中に、少しでもこれまでの研究の流れを知らなければいけない、と強く感じたのであった・・・
[PR]
by viewtleaf | 2008-05-02 22:22
絵本大好き
 大学院時代、絵本の研究をしている先生の授業を受けていた。それ以来、絵本(の読み聞かせ)が大好きになった。前任校でも読み聞かせをしたくらい!

 「だるまちゃんとてんぐちゃん」や、「りんごがたべたいねずみくん」、「ふたりはともだち」などがお気に入り。(関係ないけど、小学校2年の国語の教科書に載っている「たんぽぽのちえ」も気に入ってます。)

 この「絵本」を使って楽しもう、という本があるらしい。三森ゆりかさん著「絵本で育てる情報分析力」で、「読書へのアニマシオン75の作戦」について紹介されており、まえまえから「欲しいな」と思いながら、手に入れることができていなかった・・・・・

 で、今年度、新しい職場となり、具体的に活用できる場面がありそうなので、「読書へのアニマシオン」についての書籍やWebページを探してみた。


 で、見つけたWebページが「読書へのアニマシオン」。じっくりと読んでみたいページである。本も注文済み。早く来ないかな!

More
[PR]
by viewtleaf | 2008-04-24 03:11
研究
 今年度、異動となり、新しい職場での勤務も3週間が過ぎた。

 今年度の分掌は、「研究部」。学部研究となるので、学部の中心となって研究を進めていく立場となる。研究部主任さんが非常にできた方で、研究についての話しから悩み相談まで幅広く面倒を見ていただいています。ありがとうございます!

 で、今年度のテーマのヒントを、と、研究主任からの宿題として、過去の研究紀要をひもとき、これまでの研究を振り返っている最中、であります。

 昨日は紀要の5号から最新の15号まで借りて、一応ざっと流し読みしたのだが、それ以前のものも読みたくなり、借りて、読んだ。1号は1978年。変遷がわかります。

 最新までの数号を読むのも参考になるけど、最初から読むと、どのように研究が進められてきたのかがなんとなく分かる気がします。
[PR]
by viewtleaf | 2008-04-24 02:50
竹炭マン
 今日、同僚から送られてきたメールにあったリンクの中に、「タケズミマン」というのがあって、子供と一緒に見てみました。

 それを見て、「竹炭作りたいなー」「これ、木工作業の失敗竹を使ってニューアイテムが作れるかも!」とか思ったので、調べてみました。

 で、発見したのが「竹炭.com」。竹炭の作り方も載っていたので、早速作ってみたいな、と思います。

 他にも、「オイル缶で竹炭作り」など、商品化の参考となるようなページも数多くあるので、いろいろ調べてみようと思います。

 あと、「竹炭の秘密を探れ!」という、小学生が作ったページも見つけました。ここが一番わかりやすいかな。今年、こんなページが作れたらいいな。

 宴会部長様、貴重な情報をありがとうございました。
 
[PR]
by viewtleaf | 2008-04-19 12:21
影絵
 harakin.net で、「プロジェクタで影絵をしよう」のページがある。これ、おもしろそう、使えそうと思ったので、ここにメモ。
[PR]
by viewtleaf | 2008-04-14 06:32
ピアノのレッスン
 「いつか、『エリーゼのために』と『トルコ行進曲(モーツァルトの方)』を弾けるようになりたい」
 いつだっただろうか、こんな夢を持ちだしたのは。

 「ピアノを弾けるようになりたい」となんとなく思っていたのは、小学校のころからだったろうか。

 会社員だった頃、NHKで「ピアノでポップスを」という番組を偶然知り、キーボードを購入し、独学で練習をしていたころがあったなぁ。このときに初めて、少しだけ両手で弾けるようになった(テキストに載っていたチムチムチェリーとか)。
 このあたりかな、具体的な曲名を出して「弾けるようになりたい」と思い出したのは。
 
 大学院に行っていたとき、ついにピアノのレッスンを受けられるようになった。半年だけではあったが、バイエル65番あたりまでできるように。他にも、ブルグミュラーも少し弾けるように。
 大学院の先輩に、「ツェルニーを一日5時間、毎日練習すれば初見で弾けるようになる」と聞き、大学院時代はまぁ一日1時間程度は練習していたけれど、大学院修了後は、どんどん練習から遠ざかり・・・・・・・・・


 4月、職場が変わった。音楽の授業にも関わるようになったのと、土、日が以前より自由になったということで、ごぶさたになっていたピアノのレッスンを、子どもと一緒に受けてみようかな、と思い、レッスン体験に行くことに。



 子どものレッスン見学後、私の番。とりあえず、バイエル55番や60番、ブルグミュラーの「すなおな心」「アラベスク」を聞いてもらうことに。しかし・・・・指が・・・!動くけど、違う音を・・・それに、忘れている・・・・楽譜を見ずに弾いている・・・・

 以前から、先生に指摘されていたり、自分で課題だと思っていたことは、
・左手の音が強い
・ペダルの使い方がいまいちわかっていない
・鍵盤がはなれるとなめらかに弾けない
・ブルグミュラーの曲をなめらかに弾けていない(特にアラベスクの11小節目あたりから)

 このことを話し、アドバイスをいただいた。
・左手が強いのは、弾き方が右と同じだから。左手の指で鍵盤をたたかず、指だけで弾くようにすること
・ペダルの練習方法は、単純にドからレになめらかに移動させられるような方法でできる。ペダルだけの練習本もあるらしい。
・鍵盤が離れる場合は、休符があればそれを使って指をあらかじめ移動させておく。なければ指送りを工夫する。例えば、右手の3番で弾くところを2番で弾く、とか
・ゆっくりひいて、指がくっつかないように練習する

 で、具体的には、バイエル55番の練習、17番の練習(左手の指送りは、このあたりから練習し直した方がいいとのこと)、ブルグミュラーの「すなおな心」を練習しておくことに。


 可能であるなら、毎週レッスン受けたいな。

 


 
[PR]
by viewtleaf | 2008-04-12 20:44
WinXPの標準?壁紙、「草原」は実在する!
 
Windows XP標準の壁紙「草原」あの丘はどこにあるの?


 WinXP標準?の壁紙、「草原」は存在するか。結論。存在する。カリフォルニア州ナパ郡のソノマバレーの東にある丘であるとのこと。詳しくは記事を見てください。

 カメラマンのチャールズ・オレアさんが撮影したものらしい。オレアさんのサイトに、綺麗な風景写真などが多数掲載されていて、「壁紙にいい!」と思ったので、ここにメモ。
[PR]
by viewtleaf | 2008-02-09 21:56
10min.ボックス
 NHKの番組10min.ボックスで、中学校の技術でものづくり(オリジナルパペットロボット)に集中していく様子が収録されています。「生活指導」の『さまざまな「学び」の形(1)』です。

 技術の技術(変な表現・・・・)をもっと身につけたいと思いました・・・・
[PR]
by viewtleaf | 2008-02-06 07:03



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30