カテゴリ:研究会等( 35 )
情報教育研修講座「データベースの基本」
 今日は、MS-Accessの講習会に参加しました。

 午前中はウィザードのみでビデオコレクションデータベースを作成。とてもわかりやすく、今まで独学でわからなかったのが嘘のようにすーーっと理解できました。

More
[PR]
by viewtleaf | 2005-08-10 22:09 | 研究会等
やるだけやったよ
 いよいよ明日、中学校で特別支援教育WS。私は参加することができないので、校内研修案とプレゼンを作成することでお手伝い。今週の日曜にN氏と打ち合わせを行い、水曜にはM先生に相談し、その日、夜を徹して研修案、プレゼンを作成した。

More
[PR]
by viewtleaf | 2005-06-09 22:38 | 研究会等
JS3製作発表会
この日は東京にて「JS3製作発表会」があった。私も多少関わったこともあり、参加。
a0014712_23501747.jpg
予想していたよりも盛大な発表会でびっくり!
a0014712_2351415.jpg

a0014712_23514381.jpga0014712_2351543.jpga0014712_0275641.jpg
発表会の後は懇親会。

JJProjectでかかわった方々と一緒に仕事をするのもこの日が最後だと思うとさみしいなぁ・・・・

でも、この会で、また新たな出会いもあったので、これからにつながっていくといいな、と思ったのであった。











JSのためにつくったというカクテル(下の赤い部分はザクロ)がおいしかった・・・・

最後にビンゴ大会があり、私も当たりました!中身はスーパーミニオプティカルマウス。ボール付きしかなかったので、よかった!(実は、動画再生ソフト付き40GBHDD(6万円の価値!?)でビンゴ!だったのですが、じゃんけんに負けてマウスに・・・・)
[PR]
by viewtleaf | 2005-05-28 23:39 | 研究会等
鳴門セミナー2005卯月会
 本日、修了生や外部の肩を招いての勉強会が開催された。

 終了しても、このようにつながっていられる、というのがとってもいいな、と思う。徳島県の方同士だと、とくにそうなんだろうな、と思う。徳島の方々をうらやましく思えた。私も戻ったら、このようなつながりをもてるような人間になっていたい、と思う。

 
[PR]
by viewtleaf | 2005-04-23 19:35 | 研究会等
フォーラム2005 in東京・IT活用による元気な学校づくり
 日本教育工学会研究会、鳴門セミナーと、立て続けに大きなイベントをこなしつつ、夜行バスに乗り、一路東京へ。『フォーラム2005 in東京・IT活用による元気な学校づくり』へ参加した。

 以前から光ヶ丘中学校について知りたい、と思っていたので、楽しみにしていた。会場では「あいであるーむ管理人」氏と落ち合い、一緒に参加させていただいた。そのおかげで、様々な方と出会うことができたことは、この上ない幸せであった。特に、堀田先生に直接相談させていただく機会を持つことができたのも、他ならぬ「あいであるーむ管理人」氏のおかげである。本当にありがとうございました。

 フォーラムでは、まず光ヶ丘中学校の、「ITを活用した開かれた学校づくり」をテーマとした実践発表であった。校長先生自らが率先して教育へのIT活用に取り組んでおられることがよくわかった。教育工学会研究会で、GLOCOMの方が発表しておられた「ポジティブ・ループ」になっているな、と思った。情報開示を積極的に行うことこそが、保護者等に安心感を与え、学校運営を円滑にさせ、さらにそのことが学校の自信につながるのだ。
a0014712_21341948.jpg

 今までに、様々な学校を訪問してきたが、すばらしい実践をされている学校に共通しているものが一つある。それは、校長先生がリーダーシップを持って、新しいことに率先して取り組んでおられる、ということである。逆に言えば、校長先生が替わったとしても、その学校の評価が悪くならないようなしくみが必要だとも思っている。そのキーポイントとなるのが、ワークショップ型研修なのかもしれない。
 
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-21 20:51 | 研究会等
日本教育工学会研究会へ初めての参加
※この記事を書いたのは3月24日です。

 日本教育工学会研究会。鳴門にで開催される、ということで参加しました。というか、一応発表論文の中には名前を連ねてはいるのですが、メインではないのでプログラムへの記載はありません。

 半分(以上?)は本大学院や関係者の論文発表でした。関係者以外で最も興味深かった発表は、豊福晋平氏の発表でした。最初は、正直に言って、『どこかの企業宣伝か?』と思ったのですが(すみません!)、「情報開示のネガティブ・ループ」から「情報開示のポジティブ・ループ」へ、その転換の触媒としての学校外部評価、と言ったお話しを聞き、さらに、質疑応答場面での堀田先生の質問に対する豊福氏の回答、『学校のサイトはもっとロマンティックでもいいのでは。20年後の子どもと一緒に、20年前の鼻垂れ小僧時代の自分の写真とを見比べて、「20年前はこうだったんだよ」というストーリーができれば・・・』に、ちょっと感動しました。アカウンタビリティも大事だが、それだけでなく、学校として社会的なものを残していくことも必要といったお話、メディアとしての学校サイトの5つの特徴(特に3番の「学校サイトはメディアとして学校の現実を構成する」に納得)についてのお話等、とても興味を持って聞くことができました。

 発表の後、直接お話する機会を持つこともでき、いくつか質問をさせていただくことができました。

 今もDVビデオを見ているのですが、生で見て、DVで2回見ると、さすがによくわかってきました!名刺までいただいてしまったのですが、私の名刺を忘れてしまい、お渡しすることができませんでした(すみません・・・)。
 お話を聞いて感じたのは、『ブログ』の威力です。私もこの『ブログ』を始めて一年が経とうとしています。その間、いろいろな活用が出来るのでは、と個人的にいろいろ試している間にも、どんどん『ブログ』は増殖を続けています。サーバ管理者泣かせな『ブログ』らしいですが(トラックバックなど、サーバにとってかなりの負担らしい)、コンピュータに詳しくない方でも簡単に更新できる、つまり、毎日、日記のように更新できるというメリットは、非常に大きいと思います。まさに、学校にうってつけ!といったところでしょうか。


◎参考リンク
i-learn.jp;http://kids.glocom.ac.jp/
J-KIDS大賞HP;http://www.j-kids.org/index.html
日本教育工学会;http://www.jset.gr.jp/
J-KIDS大賞2004受賞校;http://www.j-kids.org/selection/review.html

J-KIDS大賞2004県代表選考評定指標(詳細解説);http://kids.glocom.ac.jp/misc/jkids/jkids04_manual.pdf
ディジタルアーカイヴ;http://kids.glocom.ac.jp/eduwoods/・・・・非常に興味深い内容の記事が満載!

ステークホルダ;http://allabout.co.jp/career/swengineer/closeup/CU20030715W/
電子行政用語集:アカウンタビリティ;http://cgs-online.hitachi.co.jp/glossary/kana/a_003.html
スキーム;http://www.kokken.go.jp/public/gairaigo/Teian1/Words/scheme.gen.html
「外来語」委員会;http://www.kokken.go.jp/public/gairaigo/index.html
The Mere Exposure Effect Is Differentially Sensitive to Different Judgment Tasks;http://kyoumu.educ.kyoto-u.ac.jp/cogpsy/personal/Kusumi/bbs02/BBS020626m.htm・・・単純接触効果(Zajonc,1968)についての記述がある。つまり、何度も会えば好感度があがるというものらしい。
学校ウェブを作る その1;http://kids.glocom.ac.jp/eduwoods/schoolweb/makingweb1.html
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-19 23:59 | 研究会等
『想い』を伝えようとすること、『共感』するということ
 高知の小学校へ総合的な学習の時間の発表会を見に行く。
 以前から『この学校の良さはなかなかわからない』と聞いていた。その学校の修論の一部を読み、さらに『行きたい!』という思いが強くなり、担当の先生にお願いし、実現。

 児童の開会の挨拶を自然な『ことば』でしているのを聞いただけで『これは!』と感じた。

 まずは3・4年生の発表。発表の仕方が以前見た兵庫の小学校と酷似。後で聞くと、3・4年担当の先生は以前その兵庫の小学校に見に行ったことがある、とのこと。それはともかく、『茶堂のことを伝えたい』という強い『思い』を感じることが出来た。地域の人との温かさに触れることで、たくさん気づいたことがあるんだろうな。

 次は1・2年の発表。1・2年の発表は初めて見たが、非常に明るくて、元気で、楽しそうに発表していた。地域の人の似顔絵を出すと、会場が「どっ」と湧いた。なかなか、いいな。

 次いで5年の発表は、神楽。神楽って何だろう?と思いながら見た。笛や太鼓で演奏しながら、それに併せて舞を舞う、というものだった。始まる前に、一人ひとりがこの取り組みをしてきた感想・思いを話していた。それぞれ強い『思い』があるようで、一言一言が重い。いい学びをしてきたんだ、ということが伝わる。神楽の方はどうだったかというと、『絶対成功させてやるぞ!』という意気込みが伝わる、素晴らしい舞いと演奏であった。HPを見ると、4年生の時から練習をしていたそうだが、本当に素晴らしかった。紆余曲折があったそうだが、最終的に神楽の舞台を自分たちで作り、完成させ、地域の方々の見守る中で初舞台を踏み、成功させた。
a0014712_4134670.jpg


 最後に6年生の発表。これは『すごい』の一言。龍馬の歩いた『脱藩の道』を186kmも歩いた子どもたちは、輝いていた。『脱藩の道』を歩く道中で、様々な出会いがあったようだ。
 発表内容は、『脱藩の道』を歩きたい!という『思い』から始まり、そのための体力作り、資金作り、そして『脱藩の道』を歩きつつ映画作りをするといった、今までの歩みを振り返るものであった。私の頭では、言葉ではうまく説明できないが、とにかく見入ってしまった。子どもたちが歩んできた道をかいま見ることが出来た。最後の感想を述べる場面では、一人ひとりの『思い』が伝わってきた。「おばあちゃんがあとから自転車でおいかけてきてくれて、差し入れまでしてくれました。その時私は、自分のおじいちゃんとおばあちゃんを思い出しました。私のおじいちゃんとおばあちゃんはいつも物をくれたり差し入れをしてくれたりしたけど、私は心から『ありがとう』を言えませんでした。でも、そのおばあちゃんに出会ったとき、今ならおじいちゃんとおばあちゃんに心から『ありがとう』と言えると思いました。」「仲間っていいなぁ、って思いました。」「みんなでゴールすると、今までの思い出がよみがえってきて、、本当に『やってよかったぁ』と思って、涙が出るくらいうれしかったです。」
 かざらない、自分の言葉で、自分の『思い』をひとりひとりが精一杯伝えていた。
a0014712_4141788.jpg


 この発表の中で、子どもたちからのたくさんの『ありがとうございました』という言葉があった。地域の人と一緒に総合を作る、ということを感じることができた。

 発表会の最後に、この学校のことをテーマに修論を書き上げた方の講演があった。

 この発表の後の校内研修にも出席させていただいた。学校側から、活動の系統表や評価の系統表を作ってみましたがどうでしょうか、といった内容であったが、大学院の教授から「教科には必要であるとは思うが、この学校の総合的な学習には必要なのだろうか。総合的な学習は、一人ひとりに付けたい力が、ゴールが違うはずだ。一人ひとりにレーダーチャートを作ったらどうか」と言った意見が出された。そんな話を聞きながら、特別支援教育の『一人ひとりのニーズに合わせた支援』を思い出していた。平成15年3月に出された特別支援報告では、『障がいのある児童生徒』に限っている。それを読んだ(聞いた)とき、『学校の子どもたち全員にできればいいのに・・・』と思っていた。この学校は、それをしようとしている。思うのは誰でもできるが、実践するのは容易ではない。来年度も注目したい学校がまた一つ増えた。

 今回が初めての訪問であり、それが発表会であったのは幸運だった。と同時に、これまでのプロセスをもっと知りたくもなった。子どもたちは、どこでどのような気づきを経てきたのか。その気づきを促した教員の手だては。いただいた修論(H氏、本当にありがとうございました)を熟読し、考えたい。(終)

○参考リンク
神楽とは?
石見の貴重映像ライブラリー

石見神楽

今回の発表会を見に行くにあたって
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-26 19:00 | 研究会等
JJ Project について
 今日は、ジャストスマイル2の各ソフトの使い方・活用法について意見を出し合った。

 このような統合型ソフトを、あまりソフトを使うことに積極的でない人に使ってもらうにはどうしたらいいか、等についても話し合った。

 話し合った『核』の部分は、明日の発表をお楽しみに・・・!



 

話し合った内容・自分の考え
[PR]
by viewtleaf | 2004-12-25 20:08 | 研究会等
第四小学校の授業研究会に参加しました
 今回は、『ワークショップ型校内研修』ということで、第四小学校へ行ってきました。
a0014712_8453064.jpg

 授業のあと、研修を行いました。
 内容は、
A.教科と総合の関連
B.評価
C.情報
の3グループに分け、それぞれの視点で授業観察をし、感じたことを付箋紙に書いていきます。
 そして、授業者の説明をしていただき(その時も思ったことがあれば付箋紙に記入)、各グループに分かれ、KJ法にて分類をします。
 最後に各テーマの代表が発表し、お互いのテーマの情報を共有する、というものです。
 この手法を我々は『ワークショップ型』と呼んでいます。

 

More
[PR]
by viewtleaf | 2004-12-03 22:49 | 研究会等
第17回オープン・スクール実践研究会に参加
 愛知県知多郡東浦町立緒川小学校のオープン・スクール実践研究会に参加しました。
 オープン・スクールというものを実際に見たことがなかったので、新鮮ではありました。

More
[PR]
by viewtleaf | 2004-11-26 23:26 | 研究会等



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30