カテゴリ:修論( 31 )
自分の頭で考える
修論が進まない。文章が書けない。以前も似たようなことを書いたが,それは自分の頭で文章を納得するまで読み込んでいないからである。だから自分の言葉で書けない。だから説明できない。

More
[PR]
by viewtleaf | 2005-11-25 07:38 | 修論
特別支援教育に関する部分について指導をうけた
 昨日はゼミの先生に来月4日の学会発表のプレゼンの一部を見ていただき,「深く」読むことを指摘された。今まで本をただ「読む」だけで,数日経ったら内容をほとんど忘れてしまっていた。読んだという事実を覚えているだけ。なぜだろう,と思っていた。記憶力の問題?とも思ったりした。それも多少はあるかもしれないが,「読み方」に問題があったのかもしれない,と思うようになった。

more
[PR]
by viewtleaf | 2005-11-17 20:18 | 修論
無理矢理
通常,サマリーというものは,論文本体があって,その概要を示すものである。しかし,その本体そのものが存在しないとき,サマリーが書けるだろうか。その書けないものを書く。それを「無理矢理」と言う。
[PR]
by viewtleaf | 2005-11-06 23:05 | 修論
修論への道
 8月も中盤にさしかかってきた。しかし、あいかわらず修論のテーマは曇りガラスの向こう。とにかく、何かヒントを、ということで、なぜ大学院に来たのかから始まってM1時代~現在に至るまでを振り返るプレゼンを作ってみた。
a0014712_225997.jpg

 自分のために作ったのだが、何人かの人に見せたところ、「何を悩んでいるのかがよく分かった」とのこと。先生方からもいろいろアドバイスもいただけた。
 鳴門セミナーに向けて、少しでも透き通ったガラスに近づけたい。そのとき、皆様にお願いすることがあるかもしれませんが、その時はご協力下さい。お願いします。
[PR]
by viewtleaf | 2005-08-08 22:03 | 修論
顔合わせ
 今日は、N氏に連れられて市教委等に足を運んだ。特別支援教育専門の方、学校ネットワーク専門の方と顔合わせをしていただいた。

 ADHDのためのティーチプログラムがあるということを教えていただいたり、現在の地域ネットワークとこれからのことについて教えていただいたりと、非常に参考になった。

 そして、修論についてのアドバイスもいただいた。

More
[PR]
by viewtleaf | 2005-08-03 22:40 | 修論
moodle(CMS)を使ってみる
 先週、ゼミの先生の「指導」のおかげで、なんとかmoodleが起動した。自分の力でやったわけではない、などと言っている場合ではない。とにかく、「習うより慣れよ」である。

 ちょっと、色を変更してみた。
a0014712_222167.jpg

 少しの変更で、がらっと印象が変わりますな。現在、「コースの追加」で1トピック作成中。内容は「コンピュータのキホンを知ろう!」。中学校技術の「B.情報とコンピュータ」の中の「コンピュータの基本的な構成と機能及び操作」をイメージしている。ポイントは「体験」と「知識」との融合かな。

・参考リンク
[PR]
by viewtleaf | 2005-07-26 22:06 | 修論
引用文献・参考文献について
卒論作成のヒント
注・参考文献リストの書き方
Manual:欧米の中高等教育のなかで教えられる論文・レポートの書き方
コンピュータを利用した文書の書き方
ウェブページのリンクおよびその他の利用について
リンクに許可は不要です
「ホームページ」のウソ
新聞社はダブルスタンダードがお好き?・・・佐々木俊尚の「ITジャーナル」より

「高木浩光@茨城県つくば市の日記」跡地 太古の昔、アドレスバーが入力欄でなかったのを知ってるかい?

[PR]
by viewtleaf | 2005-03-07 09:09 | 修論
ネットワークの設定
 をしようと思ったけど、遅くなったのでまたあとで。


ネットワークの設定Linux活用日記より)
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-28 04:24 | 修論
Linuxでファイアウォールを作ろうその2 FC3のInstall
 やっと動作したところで、Linuxディストリビューションの中からFedoraCore3を選び、インストールすることに。
 今まではそばにI氏やSさんがいたため、手伝っていただいてインストールができていた。今回は、すべて自分でしようと思い、聞かずにインストールスタート!



 早速わからない。HDDのパーティションの切り方はなんとなくわかるが、知識があいまいだ。ここできちんと理解しておきたい。検索検索、っと。いいページがあった。
【連載 】はじめてさわるLinux~FedoraCore3編

a0014712_2019527.jpg

・ファイルシステムタイプ:swapを選択。容量は、搭載メモリ容量の1~2倍ぐらいが目安らしいので、メモリ512MBということで『1024MB』に設定。
・MountPoint:bootを100MBで設定。
・MountPoint:/(root)を5000MBで設定。
・MountPoint:/homeを残り全部に設定し、インストール開始。
(※ /homeを作るのは、新しいOSをインストールするときにやりやすいようにするため)
 これでほっておいたら大丈夫、と思ったら、エラー発生!!!
a0014712_19563173.jpg

 /(root)に2469MB必要だが、容量が足りない、とのコメント。ん?5GBとったのになぁ。よくわからないので、自動パーティション設定をすることに。その設定で、HDD残り容量を”/home”にしようとしたら、またエラーが出て画面がリセットされた。まさか・・・・・・HDDが・・・

 今度は、上記の参考リンクを参考にして進めることに。swapは1024MB、/は10GB(Primary)、/homeが残りと設定。今度こそ・・・

 うまくいきました!!!!!!!!

 しかし!!!!!!!!!解像度を1600×1200にしたせいで、画面が写らない!!!!ううぅん、みっふぃのばかばかばか!!!!!!!

 ここでまた一苦労。1CDLinuxのクノピックスで変更できないかとやったが、だめ。BootFDでできないかとおもったが、だめ。で、ネットで検索。 
解像度を変更したい
 X の解像度を変更するには [Ctrl]+[Alt]+[+] or [-] キーを押します. ノートパソコンの場合はさらに Fn キーも押します. もしこれらのキーを押しても解像度が変わらない場合は /etc/X11/XF86Config (PlamoLinux では /etc/XF86Config) の設定を見直す必要があります.

との記述が!早速CTRL+Alt+「+」を押すと、うまくいきました!
 アプリケーション-システム設定-ディスプレイで変更をし、再起動。はぁ、よかった。
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-25 19:56 | 修論
Linuxでファイアウォールを作ろうその1 第三のHDD
 パソコンを組み、電源ON。動いた。ただし、マザーボード、グラフィックボード等、何もかも変わっているのでグラフィックはぐちゃぐちゃ。
a0014712_20174381.jpg
HDDが7.6GBと非常に小さいので、HDDをいただき、換装。
 電源ON・・・・・・・・・ん?HDDが認識しない。いろいろ調べたがわからない。どうやら全く動いていないようだ。壊れた?a0014712_20394086.jpg
 一度はずすと・・・・・!一本ピンが曲がって押し込められている!これか!こりゃだめだ。ということで、新しいHDDは再びいただく(すみません・・・・)。
 さて、気を取り直してHDD換装、電源ON!!!
・・・・・・・・ん?やっぱり動かない。なぜだ?
 今回はピンは曲がっていない。Sさんは、ハーネスの指す場所がスレーブなのに、ジャンパピンがマスター設定になっているからでは、ということで、ハーネスをマスターに付け替え、再度電源ON。
・・・・・・・・やっぱりだめ。
 ジャンパピンの設定を見ていると、15Headsや16Headsといった見慣れない文字が。これかも、と思い、IBM Deskstar、15Heads、16Headsといったキーワードで検索すると・・・
HDの15HEADSと16HEADSの違いは?
 一応、15Headsに変更してみたが、やはりだめ。

 結局、3台目のHDDをいただくことに。

 3台目にしてやっと動作。ふぅ。

 
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-25 18:28 | 修論



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30