カテゴリ:修論( 31 )
Linuxでファイアウォールを作ろうその0 初めての自作パソコン
 おそらく初めてマザーボードにCPUを付けるところからPCを組み立てる。
 
a0014712_21152662.jpg

 Sempron2800+を換装。感動。。。。
 
a0014712_21165247.jpg

 CPU、CPU冷却ファン、メモリを積んだところ。nVIDIAチップが載っている。しかし、AGPのグラボが必要。そうなの? 参考リンク
 
a0014712_2119066.jpg

 グラフィックボードもつんで、一応完成。
a0014712_21205195.jpg


 不安な点は、LED周りの極性だが、『間違っていたらやり直したらいいよ』とのことだった。

NVIDIA、GeForce4 MXコアを内蔵したnForce2を発表
・チップセットとは
・サウスブリッジ
・ノースブリッジ
・マザーボード

[PR]
by viewtleaf | 2005-02-23 21:12 | 修論
構想発表会、何とか終了
 悩みに悩んだ一週間も、やっと終わりです。構想発表会(修論の中間発表)のためのポスターセッションの準備をしたおかげで、今までしてきたことを整理することが出来ました。

 何名かの先生から質問を受け(というか、教育論を話し合ったと言う感じ)、いろいろ考えさせられることもありましたが、まぁ、今週最後の壁を越えた、という感じです。

 疲れたので、これから田舎に戻ろうっと(一日しかないけど)。
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-12 19:15 | 修論
今まで何を学び、これから何を学ぶのか
 んー、わからん。

 

 いろいろ、悩んでいたのだが、Sさんと少し話をしたので、ちょっと気が楽になった。話を聞いてもらう、というのはほんと、大事だね。
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-10 19:48 | 修論
中間発表、近づく
 今日は、同じゼミの人と、レポートの勉強をしつつ、修論の中間発表について話をした。

 二人とも、まだほとんどしていない、という点で同じなんだよね。

 ホワイトボードに、今まで学んできたプロセスを記入した。すると、「学習環境」に集約されることが分かった。総合から見ても、障害児教育にしても、アプリケーションソフトにしても、そして、校内ネットワークにしても。学習環境を、どのレベルで切っていくのか。それが問題だ。

 何を問題としているのか。何をしたいのか。うぅむ・・・・ZZzzz・・・・
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-10 06:57 | 修論
Linuxによるルータの構築
 NIC4枚差しができるマザーボードを使って、Linuxルータを作ります(予定)。でも、今まで一度も自作をしたことがないので、正直困っているのであった・・・ 

 

参考リンク
iptablesでルータを作る
Linux(SELinux)ルータの話題と実験
自宅サーバーマニアックス
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-07 04:00 | 修論
国府中学校へ行ってきた
 今日は、ゼミのM2の方について、国府中学校へ行ってきました。

More
[PR]
by viewtleaf | 2005-01-29 20:48 | 修論
研究室の先生と
 今日の1時間目の講義は、ゼミの先生であった。2時間目は原付解体の講義であったが、あまりの寒さのため、2月24日(木)の午後から半日かけて行うことに決定。今日より寒くなったらどうしよう・・・

 2時間目がなくなったので、研究室に行き、M2の方に修論のことについて話を聞く。修論の発表の日(2月12日(土):教育用端末室)に、ポスターセッションを行うらしい。ということは、・・・・・げぇ、あと一ヶ月しかないじゃん。まだテーマも決定してない。

 その後、少し雑談し、先生のところへ。

で、何を話したの?
[PR]
by viewtleaf | 2005-01-12 02:38 | 修論
ヴィゴツキー理論の社会歴史的コンテクストを読んで
出てきた言葉・人名等に関するリンク集
渡辺治「いまなぜ教育基本法改正か?」&佐藤学・斉藤貴男「教育はサーヴィスか」:読書ノート、書評
ルリヤ神経心理学の基礎
ヴィゴツキー読書のページ
社会学入門講義レジュメ・・・ウェーバー:行為の4類型 : 目的合理的行為・価値合理的行為・伝統的行為・感情的行為
ジョン・デューイ
ゆとり教育、学力低下を解体する論考空間・・・ ジョン=デューイ『民主主義と教育』についての記述
ウェーバー入門講義目次・・・リアルプレイヤーがあれば講義が聞けるみたい
[PR]
by viewtleaf | 2005-01-06 05:43 | 修論
打ち合わせ
 同じ研究室のM2の方から、いままでの取り組みについての説明を受けた。

 かなり詳しい内容での説明だったので、どのような流れで修論を仕上げていくのかがよくわかった。簡単に言うと、実際に学校でこんなものがあったらいいな、というモデルを提案し、ソースを公開し、学校を対象としている企業に、「こんなものを作ってください」というPRをする、という感じかな。これをするプロセス自体が、修論を作成するものの学びになっている。

 
[PR]
by viewtleaf | 2004-11-24 16:47 | 修論
 校内のネットワーク環境について
  今日は、同じ研究室のM2の方と、修論について話し合った。附属中学校でのネットワークの活用についてお聞きしたかったからだ。
 

それで?
[PR]
by viewtleaf | 2004-11-22 12:22 | 修論



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30