カテゴリ:学校での取り組み全般( 12 )
7月に入りましたね
 現場に戻ってすでに3ヶ月が経過しました。昨日、6月最終日は、いろいろなことがあり、いろいろ考えさせられました。

 校則違反等で「叱る」ことは、エネルギーがたくさん必要になる。叱られた方も良い気分はしないが、叱った方も精神は乱れる。何かあったその場で、「自分自身で」すぐに対応しなければならないことがある(これも一種の危機管理(対応)ですね)。危機管理の校内研修を大学院時代に現場に行って実施したことがあるのですが、知識や研修体験が実際の現場で役立たないといけない、しまったな、と思った場面がこれまでに何度かありました。今回もそうです。

 このように考えられるようになったのは、大学院時代にたくさんのワークショップ型研修を経験したり、学校カリキュラムマネジメントモデルを頭の中に(なんとなくですが)置くことが出来るようになり、鳥瞰的に(こんな使い方するかな?)物事を考えられるようになったりしたからかな、と今、思っています。授業でも、「これをすることで、子どもにどんな学びがあるのだろう」と常に考えるようになりました。ただ、授業でも何でも、自分の力以上を出すことはできません。自分の力のなさを痛感することが多くなったのは、つらいですが、自分自身の問題点をはっきりできて、その問題を解決する努力をすればいいので、悩みは浅くなったかな、と思います。

 このような私になるきっかけが、「鳴門セミナー」だったのです。ここから、全国の、たくさんの素晴らしい実践者との出会いが始まりました。こんな私でも、素晴らしい実践者のブログにコメントを書けば返してくれます。すごい励みになりますし、これからもがんばろう!という気持ちにもなります。たまに電話をかけてくださることもあり、これもとっても嬉しいです。私もそんな人間になりたいな、とこれからも日々精進したいです。

 1学期もあとわずか。もうすぐ期末テストです。成績処理、部活動では三年生最後の夏の大会
があります。これらが終わったら、1学期の取り組みを自己評価し、改善し、2学期の計画を立て、実践していきたいと思います。そうそう、PDS(C)Aサイクルを意識するようになったのも、大学院ででした! 
[PR]
by viewtleaf | 2006-07-01 09:42 | 学校での取り組み全般
もうすぐ2ヶ月
 新しい職場(といっても3年前にいた職場だが)に来てもうすぐ2ヶ月。修学旅行(5月9日~11日)前に一度身体を壊しかけたものの、GW中に応急処置ながら治療を施し、それからはほぼ順調に流れています。

More
[PR]
by viewtleaf | 2006-05-19 21:20 | 学校での取り組み全般



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30