カテゴリ:Linux( 17 )
SUSE LINUX 9.2をインストールする
moodleをなんとか使えるように、と、Redhat Linux9.0にインストールしてみたけれど、rootとユーザとの使い分けをきちんとしなかったため、パーミッションがめちゃめちゃになってしまった。

で、今度はきちんとユーザを使い分けられるようにしようと思い、なおかつ保証のあるOSを、ということでSUSE LINUXを使うことに。

今、HDDは1つで、そこにRedhatが入っている。最初は、そのHDDにSUSEを新規にインストールし直そうと思ったんだけど、ゼミの先生に相談すると、「今のHDDをそのまま残して、HDDを増設してはどうか」とのことだったので、勉強もかねてやってみることに。

More
[PR]
by viewtleaf | 2005-07-11 21:23 | Linux
moodleを他のパソコンから見る
 今日は、moodleをどのような用途に使うべきかを考えた。一体moodleはどんな使い方が考えられるのか。他のLMSはどうか。実際に自分でも使ってみて、他の人がどのように使っているのかも調べてみようと言うことになった。

 手始めに、他のパソコンで見てみようと思い、プライベートアドレスを入力したが、表示されない。

More
[PR]
by viewtleaf | 2005-06-21 15:44 | Linux
moodle、起動
moodleがやっと動きだした。ただし、自分の力でできた、とは思っていない。再び、ゼロからインストールして、動いてはじめて「やった」と思えるだろう。

More
[PR]
by viewtleaf | 2005-06-14 14:30 | Linux
やっとこさMySQLが起動
まずは、先週、なぜかXWindowsが起動しなくなった原因を先生と共に探る。
いろいろ探っていると、/usr以下のファイルの所有者とグループがすべて書き換えられていた。
原因は、私が
chown -R mysql /usr/
chgrp -R mysql /usr

としていたからであった。とにかくわけもわからずネットで検索した文を入力するから・・・・・・

chown -R root /usr
chgrp -R root /usr


でmysql→rootに所有者・グループ名を書き換える。ただし、もしかするとどこかで動作しなくなる場合もあるかもしれないが(ファイルの中にroot以外の所有者がいたかもしれないので)、まぁ練習なのでこのままで。

これでやっと先週まで戻った。ここからスタートだ。
mysql_install_db

を実行してデータベースを初期化する。

# /usr/bin/mysql_install_db



つぎに、
/etc/init.d/mysql start

でMySQLを起動する。が・・・・
# /usr/bin/mysql start
ERROR 2002: Can't connect to local MySQL server through socket '/var/lib/mysql/mysql.sock' (111)

とエラー。いろいろ調べて、ファイル名が参考にしていたページのものと違うことに気づく。
# /etc/rc.d/init.d/mysqld start
MySQLを起動中: [ OK ]


これで起動!!!やった!!!!と思うのだが、なんか、しょうもない間違いばかりで何日も時間をつぶしている自分をなさけなく思うのであった・・・・・
でも、
# mysql
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 1 to server version: 3.23.54



Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.



mysql> show databases;

1. ----------+
| Database |
2. ----------+
| mysql |
| test |
3. ----------+
2 rows in set (0.00 sec)



mysql> SET PASSWORD FOR root=PASSWORD('ひみつだよん');
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

と動作するのを見ると、ちょっと感動。。。。。。とりあえず、ここまで。次からは、やっと(多分)moodleに取りかかれる・・・・かも。
[PR]
by viewtleaf | 2005-05-31 20:59 | Linux
moodleをインストールする前の準備
 今日からmoodleをインストールしようと動き出す。

 moodleを動かすには、最低
・Webサーバ(Apache,IIS)
・PHP(Ver4.1.0以上)
・データベース (MySQL,PostgreSQLが推奨)
をインストールしていなければならない。後からインストールをしなくてもよいように、RedHatLinux9.0をインストールする際にフルインストールしてある。それで、ApacheやMySQL等はすでにインストールしてある。にもかかわらず、Apacheを起動することができない。ある程度のLinuxの知識がある人には信じられないかもしれないが、本当にわからないのだ。がく。

 と思っていたら、動いていたみたい。

# httpd -k start
httpd (pid 4170) already running

Redhatって、"-k" っていったのね。
[PR]
by viewtleaf | 2005-05-10 19:31 | Linux
Linuxでファイアウォールを作ろうその3 ネットに接続できない!
先日来、組み立てパソコンがネット接続できなかったのが解決できたので報告(というほどのことでもないけど)。
最初は、アプリケーションーシステムツールーインターネット接続ウィザードでなんとかならないたと思っていたけれど、これはやめた。

まず、ネットワーク設定で状態を確認。すると、最初はすべて休止中であった。ハードウェアタブをクリックして、NICの型番を確認すると・・・
a0014712_12265053.jpg
ん?nVIDIA?そうか!これがチップセットのポートだ!てっきりeth0がチップセットだと思っていた!eth0はIntelのNICだ!これで、ネットワークケーブルをつなぎ直し、eth0のデバイスの起動をして、無事起動。なんてしょうもないミス。
a0014712_12245320.jpg


今日の格言。
『思い込みは厳禁』


で、今後の予定を考えてみる。

現在はNICを2枚挿している。あとでeth0をnVIDIAに変更するとして、NICからサブネットを2系統作りたい(表現がおかしかたら教えてくださいね)。そのためにはこのパソコンにDNSサーバをインストールしなければならない。自動でIPを割りふるにはDHCPサーバもいる。そして、最も重要なiptableの設定。initrdもすることになっている。

GAPO
IT技術情報>システム/サーバ構築

More
[PR]
by viewtleaf | 2005-03-01 11:15 | Linux
各ポート間の移動を設定できるようなブロードバンドルータ
K氏に聞いたところによると、オーストラリアの人に「ルータ」と話しても通じなかったそうです。「ラ(舌を巻いて。Rの発音)ウタ」で通じたとのこと(auの発音のことを指摘されたようです)。どうでもよい話。

ゼミの先生に、ブロードバンドルータで、各ポート間の移動設定を自由に設定できるものを探すよう命じられたので、探しました。

とりあえず、先生に教えていただいたのが、
IPアドレスの書き換え技術を“NAT”と言い(一対一でのアドレス変換)、LAN内の複数のPCからのパケットをそれぞれ区別してアドレス変換する技術を“IPマスカレード”と言う

とのこと。
ルータは、「パケットフィルタリング」機能を持っており、ユーザーが独自にパケットフィルタとIPアドレス変換テーブルを編集する機能も、ほぼ全てのルータで持っているようである。
しかし、これでは、まだ、各ポート間を自由に往来できるかどうかはわからない。

とりあえず、今のところわかったことを整理してみます。

1.NATでグローバルIPアドレスとプライベートアドレスとの変換をし、IPマスカレードによって同時処理が可能となる。
2.本来、DMZはファイヤウォールに搭載されている機能であり、DMZ専用ポートがあるのだが、ブロードバンドルータでいうDMZ機能は、ソフトで対応しており、FWでいうDMZとは異っている。
3.A→Bは通信可能で、B→Aは通信不可能ということを実現するためには、パケットフィルタリング機能を使えば出来そうな気がする→IPルーティングテーブルをどこまで自由に設定できるかがポイント(ヤマハやバッファロー等、メーカーごとに特徴を調べ、選別する)
4.VPNやL3スイッチだと、生徒と先生のネットワークを分けることはできるが、3のようなことはできるのかどうかがわからなかった→今回考えることには関係がないのでおいておく(L3スイッチはIPルーティングテーブルをファームウェア化したものととらえたらよいようだ。VPNはトンネリング技術がキーワードなようだ。)
参考リンク:
学校のインターネット接続
レイヤー3スイッチを利用したネットワーク


◎参考リンク
ブロードバンドルータ完全ガイド
ブロードバンドルータで理解するTCP/IPルーティング 連載:ルータの仕組みを学ぼう 第3回(最終回) ブロードバンドルータの内と外
第1回 ルーティング・プロトコルの役割を理解する
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-14 20:03 | Linux
おべんきょ
カテゴリは、とりあえずNetworkにしたけれど、Linux上で作業をしていくので、Linuxとも言えるんだよね。(やっぱりLinuxに変更したよ)
今、ここに書き込んでいるのも、Fedoracore3というOSをインストールしたリナックスパソコンなんだけど、日本語入力したり、カタカナを入力したりするところで苦労するんだよね。たとえば、今つかっている日本語変換システムは、オンオフがSHIFT+Spaceだったり、カタカナ変換は、F7でカタカナ変換できなかったりと、感覚が違うのです。
たまたま、M2のM氏が来られたので、質問してみました。
「結論から言えば、そのソフトの使いかたに従え」とのこと。なるほど。
いろいろ調べてみたのですが、なかなかよい情報(この変換システムは、"じょうほう"を変換すると、トップに"定法"とでる。おぃ)にめぐりあえません。
でも、興味深い記事を発見。
風博士公式サイト
PR: 効率的な情報アクセスを可能にするブラウザの開発
風博士私設応援団


がんばって調べて、ついに発見!
FedoraCore3では、日本語変換には「かんな」または「Wnn」、日本語入力にはEmacsまたはX上でkinput2を使うのがほとんどのはず

で、
X上では、標準だとShift+Spaceにkinput2(の画面)起動が割り当てられている

そうです。
日本語入力と日本語変換とは別のシステム(デーモン)で動いていたのか!!!
わかったぞおおおおおぉぉぉぉ!!!!!!!!!(ちなみにちいさい「ぃ」とかは、xiとするのだ)
CTRL+nだ!!!!これでカタカナやアルファベット入力が簡単になる!!!
参考リンク:「かんな」関連ドキュメント
a0014712_1925191.jpg

この絵は、The GIMPで作成しました。ここでも学びが。
[root@localhost ~]# ls
Desktop Screenshot.png install.log.syslog
Knoppix-RW_kz025_20050213.iso anaconda-ks.cfg kanna ←拡張子がない!
Knoppix-RW_kz025_20050213.iso.md5 install.log
[root@localhost ~]# mv kanna kanna.jpg←mvで名前の変更をした
[root@localhost ~]# ls
Desktop Screenshot.png install.log.syslog
Knoppix-RW_kz025_20050213.iso anaconda-ks.cfg kanna.jpg←これでよし!
Knoppix-RW_kz025_20050213.iso.md5 install.log
[root@localhost ~]#
[root@localhost ~]#



その他の参考頁もリンクしておきます。
GNU Emacs + Gnus + Mew の環境を作ろう
emacs の使いかた
日本語入力ソフト「かんな」のページ
しかし、ちょっとの努力でこんなに今まで解らなかったことが解決するのに、なぜ今までできなかったのだろう?ほんの少しの意識変革で、こうも変わるんだネ。
オープンソースで行っとこ!・・・私がしようと思っていることを既に行なっているブログ


ルータNATあdレス変換寄航
固定アドレスを割りふれるか
VPNサポート
外から中がみえるか?
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-14 17:56 | Linux
FedoraCORE3をインストールする
 結局、ゼミの先生がハードを準備してくださいました(ありがとうございました)。

◎ハードウェア構成
・Athron64対応マザーボード
・HDD80GB
・512MBメモリ
・CD-ROMドライブ
・FDD
※詳しい型番は後日。

◎インストール経過報告
・つづく・・・ 
[PR]
by viewtleaf | 2005-02-07 13:58 | Linux
Linuxワンポイントアドバイス
もし、GUI画面がおかしくなったら?

More
[PR]
by viewtleaf | 2004-11-09 12:51 | Linux



毎日起こった出来事を記入し、「振り返り」に活用したいと思います。写真は我が子の作品。
by viewtleaf
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31